across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ども



おひさしぶりです。

もう何ヶ月も空いちゃって、
誰が見てるか知らないけど、元気でやってます。

でもけっこう忙しいです。

今週はいよいよロンドンオリンピックが始まりますねー。
私はまず第一弾、体操団体を見に週末からロンドンに行ってきます。

母はすでに数週間前からロンドン入りし、妹も明日飛んで来て、
二人ともこの夏は長くこっちにいる予定だから、
私もあっちこっち行くんで、きっとまた更新が空くんだろうな~、、、、


これでも見てなごんでください。

WP_000371.jpg


スポンサーサイト

春到来!



春分の日ですね!

春の始まりにふさわしく、ヨークシャーも今日はぽかぽか散歩日和。
ひじょーに嬉しいので、久々にブログを復活します。

クリスマス前からほったらかしでしたが、
皆さんお元気ですか~?

年が明けてからいきなり風邪を引き、その後は本業が忙しくなって、さすがドクター3年目、、、、
これまでのつけを払ってる感もぬぐえないけど、
珍しく勉学に励んでました。

その辺の話はまた今度、で、
今日は春らしい、元々頭悪いのに、スプリングウィルスにやられたような、イギリス人のお話。

電気会社を変えませんか?(イギリスは同じ地区で競争があるんで、自分の家に合うところを選べる)
と訪問販売しにきたおっさん、まったく根拠のない計算をして見せて、うちにするとどんだけ安くなるとか、
どうしたら省エネになるかとかくどくどくどくど、誰でも知ってることを話続けたあげく、

「あ、そうだあのガス、今話題になってるの、なんだっけか」と聞くんで、
「CO2でしょうか?」と助け舟を出してやったら、

「そうそう、CO2。あれね、植物がCO2を吸収するとかいうのは、政府の陰謀だと思う。」って言うじゃないの。

こいつ、相当アホだ!と頭ん中は抱腹絶倒だったけど、顔には出さず、

「だって植物は生きていくのにCO2が必要なわけでしょ、それでどうやって吸収できると思う?」

とさらに墓穴を掘っていくおっさんを哀れに思いつつ、
考えておきます、とお決まりの文句で最後は追いやりました。

あれは売り上げ上がんないだろうね~。
あそこまで頭が足らないとかわいそうに思えてくるね、、、、。春だからアホ8割増し、とかだといいけど。


明日はハニーとロンドンに行ってきます。
去年も行ったECOBUILDに、最新の環境にやさしい系建材の情報を仕入れに。
期限切れになりそうだったマイルでプール付きホテルに泊まって、
寿司を食べて帰ってくる予定!

戻ったら、ロンドン記も含めて、またぼちぼち近況報告をしていきまーす。




ホリデー2011



いろいろある中、先週はハニーとショートホリデーに行ってきました。

行き先はノースヨークムア。
その名の通り、ヨークの北(東)にあるムア。ムアは荒野の湿地帯で、嵐が丘の舞台と一緒の、イギリス北部ヒースの丘。

ハニーの家族が、国立公園内に30年物のおんぼろのキャラバンを持っていて、
雨漏りしたり、傾いたり、去年の冬の積雪でもうさすがに潰れるかと思いきや、何とか持ちこたえてるので、
本当に壊れて消えてしまう前に行ってきた。

夏休みにも子供たちと行ったけど、まま母業があると私はホリデーじゃなくなるから、
今回は2人+犬水入らずで!


花子がうちに住みだしたとき、年に一度二人でホリデーに行く、っていう唯一の条件を出していて、
すーんごい楽しみにしてたのに、、、、、

出かける予定だった日に太郎事件が発生して(ウィッチの策略に違いない)、
ハニーは体調を崩すし、私の耳も感染するし、でのばしのばしに。
太郎は相変わらずうちのリビングを占領していて、「子供の一大事に置いていけない」モード全開だったハニーだったけど、
家からひっぺがすようにして、5泊の旅行を敢行。

だって、その他の360日はいつだって子供を優先してきたし、
思春期が3人もいたら、いつも誰かが何か問題をかかえてるんだから、
そんなこと言ってたらいつになっても行けないからね!

初めの3日間は「こんなときにホリデーなんて、、、」とか暇さえありゃぶつぶつ言ってて、私もイラついてたけど、
最後はお互い楽しくなって、いつも通り、水なし、電気なしの生活でも、まだいたーい、帰りたくなーい!
じたばたじたばた、、、、、 幸せな休暇の終わりだった。


最近ぜんぜん写真載せてなかったから、今日はカラフルに


WP_000056.jpg
これがおんぼろキャラバン。
ファームの隅っこにあって、ハニーの家族が植えた木や花が植わった庭に囲まれてる。
トイレは別小屋。キッチンはガスコンロ、明かりもガス灯!
水は近くから汲んでくる。


WP_000058.jpg
入り口にはこれまたボロっとしたゲートがあって、
その外の柵で囲まれたあたりは駐車スペース兼庭の延長。

晴れた朝、ここに椅子を出して朝イチの紅茶を飲むのが、イギリス生活でいちばん幸せな時間。
(ハニーも子供も抜きで!ブリンダスはいてもOK)

DSC04429.jpg
ムアの丘。

DSC04430.jpg
一歩キャラバンを出て、ドライブすると見渡す限りの荒野。

DSC04427.jpg
感慨に耽るブリンダス、、、、、

DSC04420.jpg
道々にはいろんな生き物が落ちてます。

100_4841.jpg
これは羊。
夏のまだヘザー(ヒース)が紫だった頃。
まさに嵐が丘の風景。

100_4877.jpg
国立公園にはイングランド北東部の海岸も含まれていて、
ちょっとドライブすると小さな昔の漁港の町もある。

DSC04445.jpg

来年もキャラバンに行けるといーね。




UK暴動



心配してくださった皆さまありがとうございます~。
コメントでももらったように、ヨークシャーは平和です。

それでもシェフィールドは落ち着くまで行きたくないな~、と思ってたんだけど、
予想に反してヨークシャー主要都市には火花が飛んでこなかった。

北イングランドは労働者階級、労働者にもなれないアンダークラス(下層階級)も多いから、
ちょっとした事件くらいは起こるだろうと思ったのに。

街自体が小さいから警察が警備しやすかった?
公共物破壊とか、盗みくらいは日常茶飯事で警察が慣れてる?
、、、、、でも一番可能性が高いのは有色人種が人口数パーセントと少ない、からかなー?

(別に白人だから安全、ってこともなく、黒人でもアジア人でも色々だから、人種差別的発言ではないです)

今回はきっかけが警察が黒人の麻薬ディーラーを銃撃したことだったのを始め、
暴動にも黒人ギャングが多く関わってたとこととか、暴動がおこった場所を見ても、捕まった人たちを見ても、、
一定の人種が中心になって起こした暴動って感じが強い。

興味がある方はここで最新暴動地図が見られます。
「地図」をクリックすると土地名が出ます。

うちはリーズとかヨークのあたり。

ロンドンから北にウィルスみたいに広がった時は、この辺にはいつくるか、と思ったよ。
来てもうちの周りは盗むものも(羊???)、火をつけるものも(やっぱり羊???)ないけど~。

白い丸が過去の事件で、赤丸が最近。なので、見もて分かるようにきのうあたりからは全国的に落ち着いてます。


今年に入って、24時間ニュースにくぎ付けになったのはこれが二度目だけど、
あんなに国がパニックになっても、じっと耐えて忍んで、並んで、他人の持ち物を尊重していた日本人は偉いな~と
比べてみて改めて思いました。

地震が起こった時は、みんなそのことに一番驚いてたし。

ニュースでは社会から見放されたニートがなんだとか、
失うものがない若者を救おうとか、人種差別的な警察の行動に講義とか、色々言ってるけど、
捕まえてみれば小学校の職員だったり、ブランド物のスカーフを泥棒巻きしてた奴とか、
大半はロンドンがちょっと荒れだした瞬間に、「警察が混乱してる間に便乗してやれ!」と
欲丸出しで盗みを働いた人だと思うんだけどね。

この国で大地震が起こったりしたら、自滅しますよ~。




ぜんぜん関係ないけど、
癒し系ブログになってきたみたいなんで、
今日のほっとひと息、ひさびさのブリンダス。

100_5887.jpg

バーイ





びっくりヘッジー



ハリネズミのヘッジーは相変わらず元気です。

夜行性だからめったに目撃しないけど、
最近庭に落し物していくことも多く、
数からするともしかしたら増殖してるかも???

ハリネズミはイギリスでは「ガーデナーのお友達」と呼ばれていて、
その理由は花や苗を食べるナメクジを退治してくれるから。

イギリスのナメクジは巨大で、15cmくらいのぶっといのとかが普通にいます。
うちでは小さいのを去年いくつか見たくらいで、ほっとくといなくなってるから、
鳥とかヘッジーが食べてくれてるのかもね~。

アブラムシも最近、天敵のてんとう虫が増えたらすっかりいなくなった!
そんな果てしなく適当でオーガニックな庭いじり。

バラも綺麗に咲きました~

100_5837.jpg


そうそう、なのでヘッジーは増えてもいいんです。
イギリスでは農業の近代化とか、行動範囲が広くて道路を渡るときに轢かれたり、、、、で
田舎のハリネズミ口が激減してるから、餌付けも自然保護に貢献。


夜中にごそごそ動くシャイなヘッジーですが、
きのう向かいの家からうちの庭に移動中、ハニーとばったり会ってしまい、
驚いて硬直しちゃったところを激写。

111.jpg

あんまり目がよくないのか、近くまで来て人間に気付くとまずは硬直していないふり、、、。

DSC04117.jpg

ひたすらじーーっと耐え、「喰えるなら喰ってみろ」オーラを拡散。
ちょっと離れると短い足で地面をすべるようにかさかさ茂みへ消えていきます。

脅かしてごめんよ~。
でも毎日ファーストフードあげてるんだから、写真くらい撮らせてね。


しばらく更新しないうちにママの2匹の雛はすっかり育って、
最近はかわいそうなおいぼれママを追い払ったりしてるんだけど、
これは平和だったころの写真。

DSC04098.jpg

「ブルーベリーちょうだい!」のママ(手前)と雛。

若い子に負けずに頑張って生きろよ~。


Top|Next »

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。