across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近況報告(研究編)



やっと書く気に!

ほんと、博士って何してんの?って言われちゃうので、一応今の状況を、、、、。

博士課程を始めたのは2010年の2月。なんで、もう2年と3ヶ月になります。
大学で掲げてる「目標」終了時は3年だけど、それで終わる人はまーほとんどいない、というか皆無。

これは、人間3年で論文書けって漠然と言われてもなかなか計画的に動けないのと、
研究自体、他人とお金と色々がからんで始動するまでに何年もかかったりして、
3年以内に結果を出して論文にまとめるのが難しい、ってのが主な理由。

あとは博士って、やる前に働いてたり、紆余曲折して学生をやってるケース多いから、
年齢的に外野で色々おこりやすい時期で、家庭の事情等でやむなく遅れる、ってパターンも多い。

私の場合はこれ、どれも当てはまる感じで、順調に遅れてます、、、、。


前にもお伝えしたとおり、分野は「建築物緑化の温熱効果」で、
うちの大学では、最低3つ、新しい発見、成果を盛り込むってのが、博士論文の合格ラインなので、
私の研究は以下の3つ。

○ 屋上緑化の観測
○ 壁面緑化の観測
○ コンピューターシミュレーション

屋上緑化はもうかれこれ2年前に始まったプロジェクトだったんだけど、
なにしろ野外観測なので、計器に水が浸入したり、寒波で凍ったり、気象観測装置がカミナリに打たれたり、
いつも何かが壊れていて、完全な計測ができたのは去年の数ヶ月間のみ、、、、。

1年間のデータを取る、ってのが目標で、先月やっと水漏れで壊れた計器を取替えたから、
もうこの時点で、来年の4月まで観測続行決定。
これも計器が今後全部まともに動けばの話。んははは~


壁面緑化は私の主要研究で、一番大掛かり。
欲しいデータを、科学的に意味がある精度でとるには、イギリス中探しても、既存の緑化は使えるものがなくて、
これは自分で緑化壁をセッティングするしかない、というのが分かったのはいいんだけど、
それって実は、とってもお金がかかるんである。

これがネックで、シミュレーション重視に流れる研究はどこでも大量にされてるから、
妥協する前にとりあえず、どっかからお金をもらってくる方針でがんばってみることに。

去年、うちの大学はイギリス政府から、「企業と大学間の共同研究を支援する」研究費をがっぽり確保してきて、
これは学内審査しかない上、年度内に費用を使いきらないといけないから、比較的もらいやすそうだったので、
ぜひ応募してみようー!と安易に決定。

そうなると、まずは協力してもらう企業が必要。
総研究費のうち、1/3は企業もち、残りは大学もち、っていうのが決まりだから、
企業がまず出費に同意してくれないと、応募もできない。

イギリスで壁面緑化をやってる会社は今のところ6社。
とりあえず全部に打診をしてみて、3社いい感じの返事がきたから、
それぞれにはだまって、コソコソ3社と話し合いを進める、、、、。
にわか三又気分。
あなたでも、あなたでも、あなたでもいいのよ~


最終的には、一番話が早くて、熱心で、研究の意味を分かってくれた企業が、一緒にやりましょうと言ってくれて、
締め切りギリギリだったから急いで研究費応募書類をまとめて待つこと1ヶ月、、、、、結果、

下りましたー

計700万円ほど、、、、
いやー、奨学金も合わせたら相当金かかっててね、私の研究、、、、。
ほんと申し訳ないっす。

研究費が下りたのは確か去年末、研究開始は2月予定だったんだけど、
5月に入った今も、まだぜんぜん始まってません。

というのも、まずは大学の建物に壁面緑化を取り付けさせてもらうのにひと悶着、
2ヶ月の「お話し合い」の結果、おんぼろの建物を使わせてもらうことになったあと、
今度は「古いんで、壁にアスベストが含まれてるか検査します」と言われたのは3月のこと、、、、。

というわけで、今も結果待ち。
始まってもいない研究、終わるのはいつか、、、。


シミュレーション研究は、ソフトを使って自分でやればいいだけだけど、
実測の結果が出ないと、これだけやってもあんまり意味がないし、
始められることもあるんだけど、だらだらとのばしのばしに、、、、。


こうしてヒマ人博士生活が過ぎていくんでした。


それでも、2月、3月は学会発表論文の概要とか(コペンハーゲンだから、ゼヒ行きたい!)、
奨学金のレポートとか、博士研究の中間審査とかあったので、それなりに忙しかった。

まーこれも自分のせいなところがあって、
うちの大学は2年前の9月を境に研究課程の制度改正をしたんだけど、
私はその年の2月開始というひじょーにびみょーなタイミングだったため、
旧制度と新制度のはざまで置いてけぼりに、、、、。

博士はいつ始めてもいいんだけど、大抵の人は9月開始。
私は奨学金の条件が「3月までに学業開始」だったから、1月に修士を終了して、
そのまますぐ博士を始めたんだけど、そういう奇特な人たちは無視した制度改正。
必修科目が消滅して、単位が取れなかったり、色んな弊害が今になって出ている。


旧制度での中間審査は、まあ自分の準備ができた時で、とゆるかったので、
研究も始まんないしと、先送りにしてたら、
2月のある日、「中間審査は、今までの『いつでも提出OK』から、年3回、2、5、9月末のみとします。
さらに、博士課程を始めて12ヶ月以上たつものは直ちに報告書を提出するように」とのほぼ脅しメールが、、、、。

これ、制度を変えたお知らせと、脅し、同時ですよ。
しかも締め切り2月末って、うるう年でも29日しかない!!!!!!

報告書の必要字数10、000語(もちろん英文)。図とかが入ってA4一枚約300語として、33枚、、、、、、。
締め切りまで2週間、、、、。

ぜったい無理、と何度も泣きそうになりながら、
最後は2日ほぼ寝ないまま、書き上げたよ。

まあゼロからのスタートではなくて、これまでの論文やら、レポートやら、研究費応募書類やらから、
ひたすらコピペコピペ、そしたら何度も同じこと言ってて、直したら1000語減ってまた泣きそうになったりして、
29日ギリギリに提出。

本来1年かけて書くものを10日そこそこで。
そのあと口頭審査だったから、もう何を言われるかとやきもきしてたんだけど、

「いやー、すばらしい報告書だ」とべた褒めされ、研究計画もひたすら「すばらしい」と、絶賛するもんで、
ちょっと拍子抜けしながらもすんなり合格。

実感はしてなかったけど、2年間何もしてなかったわけじゃないかー、と自信もついたけど、
それより、これで素晴らしいって、他のやつらはいったいどんなん提出してんだ!!!!???
という疑問もおおいに沸いた。


というわけで、まだまだ研究生活は続きます。
相変わらず要領よく、脳みそ8割回転くらいでやってます。

論文提出は、来年中どこかで。
博士になるのは早くて2014年のことなので、(審査に最低数ヶ月、、、、)
「まだやっての?」とか、言わずに暖かく見守ってやってください




スポンサーサイト

プレッシャー



今日は研究ミーティングに参加しに大学へ行って来ました。

外からお金がたくさん入ってくる工学部には、
「未来のエネルギー資源を考える」っていう幅広~い研究目的をかかげて、
毎年何十人か集めたエリートくんたちのミニプロジェクトをサポートし、
そのままPhD(ドクター)を取りたい人たちには奨学金を与えますよ、っていう太っ腹な企画があるらしくー、


去年の末に、その中に壁面緑化に興味がある学生がいるから、
指導に関わってくれないか、とお願いされてて、
3月になってもうんともすんとも言ってこないから、研究計画自体ぽしゃったかな?と思ってたんだけど、

おとといあたりに「初ミーティングはあさってで」って連絡が来て、
「とーとつだよ!」と、説教がてら断ってやろうかと思ったんだけど、
他の先生たちがOK!OK!と言ってる中、断れない雰囲気で、ろくに準備もせずに行って来ました。


話を聞いてみたら、まだ本人はぜんぜん具体的に何をするか考えてないみたいだったから、
まー適当に知ってること喋ってればよくてよかった。

うちの担当教官は「これじゃー、君の脳みそと知識をあっちが享受するばっかで、得がない」
って言ってたけど、人生何でも経験だし。
こういうのを無駄に見えてもちょこちょこやってるから、気づいたらいい話が転がりこんできたりするわけで、
学生で暇なうちは来るもの拒まないようにしてる。


実際先生たちと一緒にイギリス人学生にいっぱしにアドバイスとか与えちゃったりして、
私もやるじゃ~~ん、とか思うんだけど!

ま、大学内どころか、イギリス中で壁面緑化やってるの私ぐらいだから、
ニッチ産業で独占市場なんです。ほっほっほ

研究が進んでる日本の論文にアクセスできるという強みもあるしね。


で、
家に帰ってきたら、今度は別の担当教官から新しい研究の打診メールがきてた!

シェフィールドの街中に新しくできたデパートの建物が、市内で初めて壁面緑化されるんだけど、
先生がこの間のECOBUILDでこの緑化壁を施工する会社と共同研究について話してくれたらしく、
「資金出しもけっこう乗り気だから、研究計画をたててみたら?」とのこと!

たてるたてる~

実は密かにやりたいな~、と思ってた研究があって、
企業の思惑と合ってそうだから、即効動こう。

今は独占市場だから、おいしい話が転がってくるけど、
どんどん流行ってくから、スピードは大事だね、、、。


めずらしくちょいプレッシャ~。



100_5745.jpg
今日の戦利品。

初めてイギリスでさつまいもゲット!
今日のデザートは焼き芋で~ス




ひょ~!!

ECOBUILD 2011 〈続〉



ExCelはとにかく広大な展示会場なんで、
1日で全部回って見るのは不可能だし、前回やみくもに回って異常に疲れた経験があったから、
今回は前日に予習をして、行きたいブースをチェックしていった。

本当はコンポストトイレとか、最新のソーラーパネルとか個人的に見たかったんだけど、
基本屋上・壁面緑化を中心に見て回って終わっちゃった。


今年は緑化のコーナーがどーんと'Cityscape'なる特設会場になっていて、
都市緑化と、生態系保護関係のセミナーが一日中行われてた。

はやってんね~、鳥・虫保護。


100_5694.jpg
コウモリの為の壁材。レンガが浮いたところにコウモリが入れるようになってる。

100_5695.jpg
これもコウモリの巣用パラペット(?)やっぱり隙間から入るのかな。

イギリスではコウモリは手厚く保護されていて、
というか住みかがなくなって絶滅の危機に瀕しているので、
コウモリの巣の駆除は禁止されてる上、巣がある家は取り壊したり、おいそれと改修したりできないんですよ。
日本のコウモリも相当危ないみたいだけど、
まあ日本に限らず、こういうプラスαの要素(かわいいとか、人になつくとか)のない生き物は保護が遅れるんだよね。


100_5702.jpg
これは鳥の巣箱?と壁面緑化の組み合わせ。
ほかにもミツバチの巣と合わせたものとかもあった。


もちろん私は緑化技術の推進派ですが、
どの会社も、大学の研究だってビジネスなんで、
数ある緑化効果の中で生態系の保護を売りに出してるのは、イギリス人に一番うける切り口だからなんだよね。

真剣に夏熱い日本では温熱効果が売りになるだろうし、
まあ私はその「多目的度」こそが建築物緑化の優れたところだと思うけど。

あとは展示会的に壁面緑化はインパクトがでかいね~
壁一面どーーーーんと緑だと、何々??どーなってんの??って人が寄ってくるもんね。

ぱっと見のプロモーションはしやすいけど、
昨日も色々話を聞いてて、やっぱり平米10万円~の単価だと、
歌ってる効果があるほどの面積を緑化するのはまだ難しいね、、、、


、、、、、ま
私は流れにのって、流行ってるうちに研究しとこう。(つくづく不真面目)


100_57171.jpg
これは今共同研究打診中の会社。
研究資金の話がまとまれば、さ来月あたりにこのプロダクトを使って実験を始める予定

100_5707.jpg
右手にあるのは「サラダウォール」。レタスとかパセリとか植わっててかわいい。
日本の狭小住宅とかにいかが?
この大きさで50万するけど~

100_5712.jpg
パネルはこんな風になってます。


この会社の人、セミナートークで会場の人から「断熱効果があるっていうけど、どんなもんなの」って質問をうけて、
「現状示すのは難しいけど、シェフィールド大学と協力したりしながら、数字にする努力をしてます」

っっっって!!!!!こら!!!!!

金払う前にそれはずるいでしょー。
大学の名前出すなら、それなりのことしてもらわないと。

でも目撃しちゃったから、資金出ししぶったら「公の場で言ってましたよね」って言ってやる。


100_5717.jpg
植物は垂直じゃなくても育つんですよ、
というのを無言で語るオブジェクト。

センスいい~



100_5722.jpg
これはきっとプロの展示屋さんがデザインしてるね。

100_5724.jpg
金かけてる~ぅ


展示場には山男ニックもいて、
なぜか木こりのようないでたちで、、、、、
上のような派手な会社にも負けず道行く人たちをなごませてました。


日帰りで忙しかったけど、
2年前の緊張して回ったECOBUILDと比べて、業界に知り合いはできたし、
ピンポイントで情報も仕入て回れたし、
またひとつ自信がついてとても有意義な一日でしたー。



ECOBUILD 2011


昨日は↑これに参加しにロンドンへ日帰りしてきました。

とっても疲れた、、、、、、

最近忙しかったからね、今日はお休みと決めて、つけは明日払お~。


ECOBUILDの会場は例年のアールズコート(幕張メッセみたいなとこ)から
ロンドンシティ空港の隣にできたExCelに移動して、サイズもレベルもアップしてた。


ExCelはウィキペディアによると、去年アラブ系に買われた後、展示面積を2倍に拡大して、
ケータリング施設、会議場なんかも完備して、去年リオープンしたそうな。(オイルマネー)

来年はロンドンオリンピックのボクシングとか柔道の会場になるんだって~。
また行くことになるかもねん。


Excel EventMap_FINAL
こんなロケーションで、
80年代まで使われてたドックの跡地に建てられてるんだけど、
ロンドンの中心まではいいとしても、主要駅からはいくつも乗り継がないと行けなくていまいち、、、

うちからロンドンに出ると、ハリーポッターの駅(ホグワーツ行きの電車が出るところ)、
キングスクロスに着くんだけど、会場まではそこからさらに1時間かかった。
行き道だけでもうくたくだだよ。


ECOBUILDは、省エネルギー、省資源、リニューアブルエネルギー(風力とか、太陽熱とか)の建材展と
環境系セミナーが合わさったもので、
基本ビジネス展示会だから、教育機関関係者には冷たいのよね。

はるばるヨークシャーから来たっつうのに、「あ、大学の方は裏口へまわってくださーい」と言われ、
軽く数キロはある裏口へとぼとぼ歩く、、、、、。
くっそ~

でも展示会場ではもっと冷たい対応を食らうんだから、こんなんでめげてはいけません。
裏口ではさらに「ビジネス以外」の列に20分並ばされて、やっと会場に入れたんでした。


100_5690.jpg
ドックで使われてたクレーンは、シンボルとして保存されてる。
会場の周りもけっこうきれいにされてて、
夏はこの辺にテーブルが出たりしたらいい感じかもね。


100_5692.jpg
ドックにかかる歩行者用の橋。
ロケーションに合った細身のきれなデザイン。
右のタワーみたいなところからエレベーターで上がって渡る。
(あんまいい写真じゃないけど。向かい側に回るのに必死だったんで!!!)



展示会の様子は長くなるんでまた明日更新しまーす。


帰りは電車までかなり時間があったから、
隣のO2アリーナで「The King's speech」(英国王のスピーチ?)を見てきた。
(上の地図でExCelの左隣にある丸いやつ。できた当時はミレニアムドームだった)

けっこう時間がぎりぎりで、映画館に急いで行ったら
自販機が金だけ取ってチケット印刷しなかったり、エスカレーターが止まってたり、
なんだかハプニング続きで、一気に疲労感が増した、、、、

そんでもって20分も上映前の宣伝があって、電車がぎりぎりのタイミングだったから
最後5分くらい残して泣く泣く駅へダッシュ

意地で最後のスピーチまでは見たけど。
ほんと最終電車ぎりぎりで更にどっと疲れた、、、、、、


実は前日母親(ロンドンエキスパート)とスカイプして、
「映画は時間が決まってるし、移動に意外と時間がかかるからやめといたら」
と言われてたんだよね。

本当は街中に出て日本食材を買って帰ろうと思ったんだけど、
展示会場出たらもう一歩も歩きたくなくて、人ごみに行くなんて考えられなかったんだもん。


King's Speechでアカデミー監督賞をとったトム・フーパー、
受賞のスピーチで、お母さんが出版もされてなかった劇の脚本を見つけてくれたことに感謝して、
「このことが教えてくれるのは『母親の言うことは聞いておけ』ってことだ」と言ったそうな。



はーーーい




消えたデータ



昨日は屋上緑化のデータ回収にペニン山脈のふもとにある、地元企業の工場へ行って来た。

まあまあのお天気で、屋根に登るには寒くもなく、風もなかったからよかったー。
ここのところ雨続きだったからね。(今日も雨、、、、)


お邪魔したのは土木事業用のシートなんかを作ってる機械を使って、
他より一足早く屋上緑化用の水受けマットを作り出したことで、
今のところイギリスのニッチなマーケットをひとり占めしてる会社。

会社の建物の屋上をショールーフ/実験屋根として緑化していて、
うちらは去年の10月から熱関係の観測データを取ってるので、その回収に行ったんでした。

100_5420.jpg
まだあんまり植物は育ってないけど。


建物の内外に温度センサーを設置して、データロガー(記録機)につないであったんだけど、
外部用のロガーがパソコンつないでも「電池切れでーす」と言うだけ。

5か月でそれはないだろう、とこじ開けてみたら、
電池ケースの接続がカラカラ言ってそのままうんともすんとも言わなくなった、、、、、

設置前に動作確認してるから、設置後のどっかで壊れたんだろうってことだけど。

まーねー、観測史上一番寒い冬だったから、
うちの辺でもー12度なら、ここより標高が高い吹きっさらしの屋根は動作環境限界のー20度に近かった可能性もあるし。

100_5411.jpg
丸太の下に埋もれてるコヤツが問題のロガー


自分の実験なのに「しょーがないよねー」とのんきに思ってたら、
うちの教官「データを失うのは大っきらいなんだーーーーー!」
とプチ切れ気味、、、、、

他の人には「すごくがっかりだと思うけど、取れたデータで何とか解析できるから」
と慰められたりしたので、
とりあえず静かに気落ちしたふりしておいた。


この実験、話が来た時は興奮したんだけど、
緑化のデザインが思っていたのと違ったのと、
センサー仕込んでから緑化するって言ってたのに、
器具持って訪ねたらすっかり全て盛ってあって、思うように設置できなかったから
データ自体そこまで期待してなくて、、、、、

ここまで進んじゃったから言わないし、
まあ蓋を開けてみたら面白いことが分かるかもしれないから、
解析してみるけど。

確かに極寒の状態で、緑化の下の温度がどんなだったかはとっても興味があるから、
少しでも壊れたロガーのデータが回復できるといいな。


100_5424.jpg

会社の屋上緑化担当、山男ニック(イエティー・ニック。私が勝手に呼んでるだけ)は
細かい要望にいやな顔ひとつせず対応してくれて、
とってもよく働く日本人のようなイギリス人で、

「屋上にちょうちょを呼びたくてね」とか「ブルーベリーを植えるんだ~」と
子供のような笑顔でほのぼのさせてくれるので会うのが楽しみ。
今回も「裏にPied wagtail(ハクセキレイ)がいるから!」って巣箱とかエサを用意してた。

いつも行き帰りのドライブは教官の建築学科人事の愚痴聞きでせっかくの景色が楽しめないし、
忙しいからいっつもせかされて、思うように器具チェックとかできないから
もう次は一人でニックとたわむれに行こー。



この屋根が花とちょうちょで埋まる日がくるといいねイエティ、、、、、




見ましたー↓

Top|Next »

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。