across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラックバード ―子育て編



ブラックバード観察記第二段

雌が巣作りにいそいしている間、
毎日毎日お気に入りの三角屋根の上で他の鳥とたわむれ遊び呆ける雄を見ながら
「くっそ~男は卵だけ作っといてなんもせん!!!!」

しばし八つ当たり気味ににらみをきかせてましたが、

先週からその雄がミミズをくわえながら垣根に飛んでくるようになって、
これはもしや?とMumが餌を取りに出た隙にのぞいてみると、
直径15センチくらいの巣の中で何かがうごうごしてる

ブラックバードは巣作りと孵化まで雌の仕事で、
卵が孵ると雄雌交代で餌を運ぶそう。

雄は特にとってもよい声で鳴くんだけど、
よく聞いてると時間帯等によって歌い方が違って、
あれでコミュニケーションを取りあってるんだろうな。


子供が生まれて鳥が変わったように働き者になったおとんは
次から次へと餌を採ってきます。

芝生の上をぴょんぴょん飛びながら時々立ち止まり、
地面を軽くつついては首をかしげてしばし静止、、、、でまたぴょんぴょん。

この首かしげ、実は土の中のミミズが動く音を聞いていて、
お馬鹿なミミズが驚いてか、つつきを雨と勘違いして這いあがって来たところを
エイヤッ!!と捕まえるんだね~。


虫取り名人のパパのお蔭で、3羽の子供はすくすく育ってます。
リビングの窓からうーんと首を伸ばすと巣が覗けるんだけど、
あんまり邪魔すると育児放棄して逃げちゃうと脅されてるので、ほどほどに、、、、

でも見たいぃぃ、、、、、、、

100_4501.jpg
ミミズいる?








スポンサーサイト

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。