across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の予感


もう2月も終わりだね~。


年末の大寒波と対象的に、今月は暖かい日が続いて、
気がついたら前庭がカラフルになってた。

100_5683.jpg
満開のスノードロップ

100_5681.jpg
クロッカスももうすぐ咲くね~。
背後のムスカリはちょっとぎゅうぎゅうだから株分けしないと、、、

100_5674.jpg
これは水仙のつぼみ。
去年何も知らずに日当たりの悪い所に移動しちゃったから心配したけど、
たくましく生えてきた。わーい


100_5684.jpg
窓台はすっかり温室化。

先週植えたトマトと???(名前が覚えられない花)はずんずん伸びてまーす。



奨学金の報告書は無事書き終わりました。
明日の朝最終チェックして送るだけ~。ホッ

大金もらってるからちゃんとしないとね。



おやすみ~(1時半、、、)
スポンサーサイト

イギリスで運転 3



今日は家事で日が暮れた、、、、、

昨日研究概要を送ってまた気が抜けたかな
奨学金の報告書の締め切りが月曜で、まだ半分も書けてないのにねーーー。


毎週金曜は買出しの日なので、
今日もスーパーをはしごしてきました。

ガソリン代節約の為、一週間分の献立を木曜の夜に考えて、
ごっそり次の金曜までの食料を買出しに行くんだけど、
ちょこちょこ買い物に出なくていいから、時間の節約にもなるし。


最近買い物に出ると、どこでも今植える用の花の苗とか球根を売っててついつい衝動買いしちゃう。
今日もDIYセンターで目移りしてたら、本当に日が暮れた、、、、、

うちから近くの街までの道は、木が生い茂ってたり、両側畑のエリアを抜けていくんだけど、
街灯も何もないので、日が暮れると鳥目の私は視界前方数十メートルが限界、、、、
対向車線のヘッドライトに目くらましされるし、夜道の運転はとっても苦手。

だから植木なんか見てる場合じゃなかったんだけどー、、、、、


なんとかのろのろ運転で無事帰って来ました。

この「のろのろ運転」、速さでいうとだいだい時速45マイルくらい。

イギリスの法廷速度は時速60マイルだから、それより遅く走ってると、
後ろの車がイライラ気味になるのは日本と一緒。

でもねーーーーーー60マイルって換算すると96キロっしょ!

時速45マイルったって70キロじゃん!
人も渡れば自転車も走る一般道で100キロは早すぎじゃね!?

と思うんすがーーーーー。


私はナーバスドライバーなので、未だにこのスピードでの運転は好きじゃないんだけど、
50マイルくらいが周りの車の我慢の限界で、
いわゆる「流れにのる」ってラインだから、80キロぐらいで走ってる。

それでも無理やり追い越しとかされるけど。


まあ、よくのろのろ走ると周りに迷惑かけてかえって危険っていうのは、
勝手にイライラして車間狭めたり、無理に抜こうとするお前が危険なんじゃ!
なので、基本無視で無理しません。


ちなみに、高速は70マイル(112キロ)まで
だからみんなだいたい130キロくらいで走ってる、、、、

街中は40マイル(64キロ)、住宅街は30(48キロ)。


それでも交通事故の死亡率日本より少ないんだねー、、、、、(調べた)
おかしいなー





安全第一

おひさま~



朝起きたらぽかぽかの小春日より

はーーーーーーーーー!

今日は一日学会発表用の研究概要仕上げるって決めてたのに!
庭に出たいーーーーーーーーーー。


天気予報を見てみると、明日から2日は
コレ↓
10.gif


ぬぅぅぅぅぅぅ。


「書くことを考えながら庭仕事をすればいいよ私」とまた自分を甘やかして、
日光浴しながら球根とニンニクを植えてきた。

でもこの作戦意外とうまく行って、
もくもくと土を掘ってると文章がぽこぽこ頭に浮かんで、
これだ!と思ったら家の中に戻って走り書きしてたら、概要の半分書けちゃった。

昨日一日うんうん悩んでたのよりずっと早かったー。

体も動かせたし、庭しごとも進んで一石三兆ー!



とはいえあと半分残ってるので、勉強に戻りまーす。

100_5670.jpg
わ~い!





  

消えたデータ



昨日は屋上緑化のデータ回収にペニン山脈のふもとにある、地元企業の工場へ行って来た。

まあまあのお天気で、屋根に登るには寒くもなく、風もなかったからよかったー。
ここのところ雨続きだったからね。(今日も雨、、、、)


お邪魔したのは土木事業用のシートなんかを作ってる機械を使って、
他より一足早く屋上緑化用の水受けマットを作り出したことで、
今のところイギリスのニッチなマーケットをひとり占めしてる会社。

会社の建物の屋上をショールーフ/実験屋根として緑化していて、
うちらは去年の10月から熱関係の観測データを取ってるので、その回収に行ったんでした。

100_5420.jpg
まだあんまり植物は育ってないけど。


建物の内外に温度センサーを設置して、データロガー(記録機)につないであったんだけど、
外部用のロガーがパソコンつないでも「電池切れでーす」と言うだけ。

5か月でそれはないだろう、とこじ開けてみたら、
電池ケースの接続がカラカラ言ってそのままうんともすんとも言わなくなった、、、、、

設置前に動作確認してるから、設置後のどっかで壊れたんだろうってことだけど。

まーねー、観測史上一番寒い冬だったから、
うちの辺でもー12度なら、ここより標高が高い吹きっさらしの屋根は動作環境限界のー20度に近かった可能性もあるし。

100_5411.jpg
丸太の下に埋もれてるコヤツが問題のロガー


自分の実験なのに「しょーがないよねー」とのんきに思ってたら、
うちの教官「データを失うのは大っきらいなんだーーーーー!」
とプチ切れ気味、、、、、

他の人には「すごくがっかりだと思うけど、取れたデータで何とか解析できるから」
と慰められたりしたので、
とりあえず静かに気落ちしたふりしておいた。


この実験、話が来た時は興奮したんだけど、
緑化のデザインが思っていたのと違ったのと、
センサー仕込んでから緑化するって言ってたのに、
器具持って訪ねたらすっかり全て盛ってあって、思うように設置できなかったから
データ自体そこまで期待してなくて、、、、、

ここまで進んじゃったから言わないし、
まあ蓋を開けてみたら面白いことが分かるかもしれないから、
解析してみるけど。

確かに極寒の状態で、緑化の下の温度がどんなだったかはとっても興味があるから、
少しでも壊れたロガーのデータが回復できるといいな。


100_5424.jpg

会社の屋上緑化担当、山男ニック(イエティー・ニック。私が勝手に呼んでるだけ)は
細かい要望にいやな顔ひとつせず対応してくれて、
とってもよく働く日本人のようなイギリス人で、

「屋上にちょうちょを呼びたくてね」とか「ブルーベリーを植えるんだ~」と
子供のような笑顔でほのぼのさせてくれるので会うのが楽しみ。
今回も「裏にPied wagtail(ハクセキレイ)がいるから!」って巣箱とかエサを用意してた。

いつも行き帰りのドライブは教官の建築学科人事の愚痴聞きでせっかくの景色が楽しめないし、
忙しいからいっつもせかされて、思うように器具チェックとかできないから
もう次は一人でニックとたわむれに行こー。



この屋根が花とちょうちょで埋まる日がくるといいねイエティ、、、、、




見ましたー↓

キツツキ到来



今日のピーナッツ泥棒はウッドペッカー!


なんかでかいものがフィーダーにぶらさがってると思ったら、
Great spotted woodpeckerだった。

たまに奥の林からゴゴゴゴゴゴッて聞こえてくるから、
住んでるのは知ってたけど、

ようこそうちのお庭へ。






脳震盪起こしそう、、、、、、




ゴゴゴゴゴゴ
   ↓

種まき第一弾



週末は予報通りどんより雨続き。

庭いじりができないので、
この間ガーデンセンターで見つけたPROPAGATORに種まきした。

プロパゲーターは日本語で保温床(辞書参照)??

基本的に、受け皿、土用トレイと透明のフタからなるミニ温室。

100_5644.jpg
こんなん。

ほんとは庭に温室が欲しかったんだけど、
いつ引っ越すか分からないし、安いのを買ったりして先週のような時速100kmの強風なんかに吹かれた場合、
お隣の窓を破壊したり、犬にささったりすると大変なので断念、、、、


がっくりしてたところで、窓台用プロパゲーターなるものを発見。

これならカーテンと窓の隙間に収まるから、家の中でも邪魔にならないし
屋内だから今から種まきができるのね~


100_5652.jpg
フタを空けるとこんな。


今回は早撒きの花とトマトの種を植えたので、
また芽が出てきたら写真載せま~す。




元気に育てよ~

今日のママ



100_5564.jpg
おはよ~。




~~

イギリスで運転 2



欧米ならではの交通規則といえば、
ラウンドアバウト。

走っていてこんなサインが出てきたら、
その先にくるくるコーナーがある標し。

680px-UK_traffic_sign_510.png


このお陰でイギリスは信号機付き交差点が日本と比べて格段に少なく、車の流れはスムーズだけど、
至る所で遭遇するから、ルールが分からないと運転できません。
ルールはいたって簡単で、時計回り、右から来る車優先。


試しに4方向3車線のラウンドアバウトを見てみましょー。
220px-UK_Roundabout_8_Cars.gif

進行方向向かって左から、左折、直進、右折レーンなのは日本と一緒。
実際はラウンドアバウト内もこの場合は3レーンに分かれてて、
右折は一番内側、直進は真ん中、左折は外側のレーンを進みます。

でもねーーーーー!
進みたい方向の道路に出ていくには、
内側レーンにいたらラウンドアバウト内で車線変更/またぎをしなきゃいけないわけで、
その間にも他のレーンはみんなそれぞれ行きたい方向に車を進めていて、
さらにアホな車が無理やりなタイミングで入ってきたりする中、
最初はどの車にも当らずにくるくるを抜けるなんて不可能なように思えたよ。

さらに4方向とは限らず、3だったり5だったり、
ひとつ抜けたらすぐさま次のに繋がってたり、方向音痴の私は回ってる間に大混乱!

あとは交差点と一緒で、入ってくレーンは左折と直進がくっついてたりするから、
正しいとこに入っておかないと後ろの車にブーーーーってやられたりする。


最近はだいぶ慣れたけど、
初めの頃はうまく出られなくてもう一周哀しくくるくるしたり、
出口を間違えて高速に乗っちゃって 
な思いをしたりしたね~




 

Mum Blackbird



週末は雨続きのようなので、今日は昼間庭いじりに専念。
どうしても机の前に座りっぱなしだと体なまるし。

去年はガーデニング初挑戦だったから、
春先に眠ってた球根とか、花の根っことかを死んでるものと思って引き抜きまくったら、
妙に間が抜けた裏庭になっちゃったんで、
今年はちょっと勉強して、夏に色々な花がバランスよく咲くようにしてみる(予定)。


去年うちの生垣に巣を作ったブラックバードのママは、
雛が巣立った後も庭を縄張りにしてたんだけど、
最近春に向けてのポジショニングに躍起立ってる若い子たちに蹴散らされて、
庭の隅っこで縮こまっててちょっとかわいそうな感じ。
もうおばあちゃんだからね、、、、


それでも私が庭にいる時だけは他の鳥たちが茂みに隠れるから、ママは気兼ねなくミミズ採り放題。
今日も菜園コーナー用に芝を切り取ってると、
後から付いてきて、私が一端ほじったところをつついて回ってた ~~


前から人懐こかったたけど、この冬あまりに寒くて心配だったから、
若い鳥が寄ってこない勝手口の前にママの為にレーズンとか撒くようにしたら、
庭に出ると飛んできて、「レーズン?」て目で見るから、
ついついあげちゃうんだよね~。



さらに最近は朝起きてリビングのカーテンを開けると窓越しに待機。
100_5627.jpg


しょ~がね~な~、とキッチンに回ると、
勝手口横のゴミ箱の上にすでに移動。
100_5629.jpg
レーズン?






長生きしてねママ
  ↓↓↓

コンタクトを出すの巻



田舎っぺ博士(予備軍)になってから、すっかりメガネのまま出かけることが多くなって、
たまにコンタクト入れると目がすぐしょぼしょぼする。

今日はヨークへ歯医者に行ってきて、
帰宅してすぐに「I'll take my lenses off」と言うと、
「Take outでしょ」と返ってきた。

あ、そっかそっか外すんだもんね、アウトね。とその場では納得したものの、
レンズをごしごししてる間ふと、
ちょっと待てよ。「Do you wear contact lenses?」ってみんな聞くやん!
洋服だったら、Wearが着るで、Take offが脱ぐでしょ。

なんでコンタクトになるとOutになんだよ、と腑に落ちず反撃。

まあこういう英語の細かい表現にいちいちケチつけても、
そう言うんだからしょうがない、で終わるんだけど。


思うにメガネをWearするところから動詞がそのまま使われたのが混乱の元で、
(メガネだって着ないだろ!)
入れる作業はPut inだから、その反対だと外すのはTake outなんだろね。

まあ日本語だって「付ける」と「外す」は対でもいいけど、
「入れる」だったら「出す」だもんね。お互いさまか~~


ロボット化しない為に日々腑に落ちないことには疑問を持つのが大事、と思ってるけど、
言葉を学ぶには「あ、そう言うのね」とあんま深く考えずにインプットしちゃう方がいいことが多い。




birds_423.gif
Clap clap
  ↓↓

ピーナッツ泥棒!



DSC03963.jpg



リスの盗人根性に一票
    ↓

博士の行方



ハッピーバレンタイ~ン


もう若くもないし、一緒に過ごす誰かがいるってだけで十分だよね~ということで(ビンボー人の言い訳)
ハニーパイにはプレゼントいらないから体で払ってと、
近くのガーデンセンターへ引きずって行き、コンポストとバークチップ計350Lを運んでもらってきた。

イギリスのバレンタインは基本男性が高めのプレゼントをするもんなんで。
高級チョコとかは日本と同じくこの時期お店に並んでるけど、男性から女性に贈る用。
もちろんあほらしい義理チョコとかないし。


ところで本題。

何かの拍子で見つけた「はくしが100人いるむら」
「世界がもし100人の村だったら」のぱくりだけど、自分ごとだから結構おもしろい。

私は不真面目だから、鬱になって消えたりはしないけど。


まあまずは博士にならないとなんで。

博士課程も2年目に入り、外部の研究計画書のレビューとか、別の壁面緑化の研究指導を頼まれたり、
私もまだひよっこなのに、いいんすかね、、、、
今月奨学金と来月大学の研究報告書の提出せまってるし、
来週は最初の屋上緑化実験データも回収しに行って、膨大なデータを解析してー、、、、、、

さらに英語を教えるバイトも始めたからなんだか大忙し!

でも会社勤めに比べたらぜんぜん楽ちん。
かなり寄り道してここまで来たけど、それなりに経験値は上げていたから、
まだこれくらいのストレスなら対応可能だわ。

これからも適当にちゃんとやる、くらいでがんばりまーす。
o015001301294252978877.gif



まめに更新するんでよろしく
  ↓↓↓

久々食べ物ネタ



いや、毎日なにかしらご飯作ってるんだけど、
一人暮らしの頃に比べて、日々のこなし事になってて、
ブログに書く気がしなかった。


もっぱら夕飯は中華だったり、イタリアン、インディアン系が多いから
昼ごはんに日本食を食べることが多い。

なぜか日本食だと、作った時人がおいしそうにしてるかどうか気になって、
他の国の食べ物だとべつに残されても平気なのに、
日本食の場合自分の食文化を否定されたみたいな気がするんだよね。

完全に被害妄想だと思うんだけど。

でも気になって自分がおいしく食べられないから、
日本食は基本お昼に一人分作るのが習慣になった。


今日のお昼はお好み焼き

100_5611.jpg

日本から持ってきた山芋パウダー入り。桜エビは果てしなく賞味期限が切れて湿気てる、、、、

完成品
100_5617.jpg


10年前にイギリスにいた頃より随分アジア系野菜が手に入りやすくなって、
うちの辺の田舎スーパーでも白菜とか、チンゲン菜とか普通に売ってる。

シェフィールドの中華食材店で買ったおたふくソース
100_5615.jpg

紅ショウガはロンドンのジャパンセンターで通販。
いや~便利になったもんだ。


ちなみにソースの隣にあるのはマヨネーズ。
チューブ入りもあるけど、瓶詰めも主流。

イギリスはおいしくない、と思われてるけど、
選べば日本のものより好みものもあたくさんあって、
私は特にマヨネーズと乳製品がおいしいと思う!!!

日本のハーフにあたる「ライト」もあるけど、やっぱり「リアル」!お腹周りにはちょっと、、、だけど、、、
乳製品は牛乳から始まり、バターとか、チーズとか高いものじゃなくても味がしっかりしてる。

あとはパンもけっこううまいね~。

ま、お隣のフランスとか、イタリアと比べたらぜんぜんだけどさ、
お洒落なレストランも増えたし、日本と同じくらいカリスマシェフとか流行ってるし、
そろそろフィッシュアンドチップスだけ、ってなイメージから解放してあげてもいいのにね。






イギリスで運転



田舎暮らしには車がどうしても必要ですが、
免許を取ったのも遅けりゃ、これまでの総運転時間も相当短い私には
外国で車に乗るって未だに緊張。

うちには一応2台車があって、
日産マーチ(欧米ではMicra、一般におばあちゃんの車として浸透)と
去年買ったホンダCRV。

どっちも1997年生まれののおんぼろで、
CRVは最近色んなライトが点いたり消えたりクリスマスツリー状態
この間は走行中排ガスパイプががこん!とはずれ、
スポーツカーか!?ってな騒音しだして、修理に思わぬ出費がかかった。

マーチは車検(イギリスでは毎年更新)ガ切れてから1年近く眠ってたんだけど、
今年に入ってからガソリンがリッター15円ほど値上がりして、
4月にはさらに増税されるようで、燃費が悪い年寄4駆は環境にもお財布にもよくないので、
マーチを復活させることにした。

が、、、、、、

保険をかけて、車検に持っていったところ、
13項目に渡り基準を満たさず車検落ち
「バックミラーにDistractive Object(注意散漫を促す物)有り」
↑ぺらぺらの芳香剤がつり下がってただけ。アホか!!
なんてのから、
「ブレーキパイプ要交換」「タイヤ4本どれもダメ」ってなシリアスなものまで。
車検屋で直したらタイヤ入れて700ポンド(11万くらい)ですと言われ、
その半値で買った車にそれは払えない、、、、、と
うちのハニーはしばらくショック状態だった。

私はもうここで、こりゃ廃車だね~、と心中思ってたんだけど、
ここからのハニーはすごかった。

メカニックのご近所さんたち総出で、あっちのパーツはこの人直して、
こっちのパーツは誰かが溶接して、タイヤも半額の中古品に変えて、
1週間もしないうちに全部直して車検通しちゃった。
手伝ってくれた人たちへのお礼も入れて、総額190ポンドなり。

車検屋の人たちも、まさか直して持ってくるとは思ってなかったらしく、
驚いた上に、ご近所の仕事っぷりにいたく感心してたそうな。

前にプロがいない国だって書いたけど、
イギリス人のDIY精神と、アマチュアのレベルの高さはすごい。


燃費の差額を考えると、マーチを主に乗ってとんとんか、ちょっと家計が助かるくらいだけど、
買い直した方が安いからってんでまだ使えるものを捨てるの嫌いだし、
お金が浮かなくてもガソリン消費量はぐんと減るから、なによりエコだね。

これからはのっぽのハニーをミニマーチに押し込み、
私がオートマのCRVを運転します。
車検屋もずっとマーチを「君の車」って言い続けてたけど、
勝手に判断すんなよ!


いや、ハニーのもったいない病+捨てられない症候群もたまにゃ~役に立つね。
(いつか直すといって、壊れかけた物たちで車庫が埋まってる。庭には穴が開いたカヌーも転がってるし)


次回は納得いかないイギリスの運転事情について。
ではまた~



Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。