across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白夜ボケ



明日は夏至ですね!
日本はあさってになるのかな?

イギリスは、、、、明るいです。


ヨークシャーはグレートブリテン島のまさにド真ん中に位置するんですが、
緯度が高いので夏は昼が長ーーーーく、冬はひたすら暗----く、
一年の差が激しいです。

ちなみに今は日の出が4時半、日の入りが9時半で、
うちの辺りは平たんだからこの前後2時間は薄明るい空が続くため、
真っ暗な夜は一日3時間のみ、、、、、。


ちょっと夜更かしするとすぐ空が白けだして、鳥も3時前に歌いだすからうるさくて眠れないし、
寝室のカーテンが遮光じゃないので何時に寝ても、毎日早朝に目が覚めて、
なんだかすっかり時差ぼけ状態。

今日も4時半に目が覚めたからすんごい寝不足。
早く寝ればいいじゃん!と思っても、夜11時まで明るいと眠たくならないんだよね~。

悪循環、、、、、。
アイスランドの人とか、どうしてるんだろう。


ちなみに冬は逆転して、太陽が地平線近くをごろごろ転げて数時間で消えていくので、
北欧とかでは暗闇鬱になる人が増えるそーです。



夜が短くなると、夜行性の動物たちが薄明かりの中動きだすらしく、
今月に入った辺りから夕方になるとコウモリが庭の上を飛んで行くのが見られます。



そして、

昨日念願かなってやっとやっと会えた庭の住人!


じゃーーーーーーーん

harinezumi.jpg

ヨーロッパハリネズミのヘッジー
(英語でhedgehogだから)



暗闇の中ゴソゴソやってるのは聞こえてたんだけど、
姿はなかなか現わしてくれなかったので、うれしいな~~。

昨日は鳥のエサを食べに出てきたところに遭遇。
近づくと逃げちゃうから、私も茂みの陰からこそっと見守りました。

見た目は20cmくらいのとげとげの半球がもそもそ芝生の上を動いてる感じ。
ぜひ転がして丸まるのを見たい!んだけど、そんなことしたら動物迫害だと言われました。


昔ダンゴ虫を丸めて転がしたあの感覚、、、、、。
うぅぅ、やっぱりやってみたい。



あと今朝はブラックバードのママが雛を連れてやって来たらしい!
雛が大きくなる前に見れるかな~?

ママおめでとう


スポンサーサイト

日本漬け



昨日は久々にロンドンへ日帰りしました。

RIBAに建築の講義を聞きに、、、、というのを口実に、
実際にはヘアカットと買い物メインだったりして。

最後に髪を切ったのは日本に帰った時だから、かれこれ1年うんヵ月前、、、、
イギリス人は未だにバツン!と長さをそろえて切りっぱなしの美容師が多いから、
全く信用してなくて、これまで自分で適当に梳いたりしてたんだけど、
さすがにちょっとキレイにしてもらいたくなって。

固くて太くて多い3拍子そろった髪なんで、ボリュームダウンに日本では縮毛矯正をちょくちょくかけてたんだけど、
イギリスでは遅れた技術で金額だけ高いってイメージがあったから縮毛は諦めてところ、
最近ロンドンの日系美容室では、日本の薬剤を使って普通にやってくれることが発覚。

それでも単価は150ポンド(22000円)~300ポンドと学生にはちょっと手が出ない感じ。
そこでちゃんとしたサロンは諦めて、ちょっとリスキーだけど個人でやってる人にお願いしてみることに。

MixBという在英日本人向け情報サイトの広告から何人か当ってみて、
予定が合って一番安かった人のところに行きました。
矯正とカットできっかり100ポンド。

予想通り、フラットの一室だったけど、簡易とはいえシャンプー台もどきもあって、
自分で切ってたのに比べれば全然素敵。
ワーホリで来てる美容師夫婦で、二人でてきぱきやってくれて手際も良かったし。
よくよく聞いたら最近までメジャーな日系サロンに勤めてたから、カットもちゃんとしてたし。
そのサロンで頼んでたら、上の値段取られてたもんね!
仕上がりも気に入ったし、当たりだった


カットの後はロンドンの中心に出て、セール中だったユニクロとMUJI(無印)で衝動買いして
浮いたお金は帳消しに、、、、

締めは美容師さんお勧めのラーメンを食べて帰って来ました。
予定にはなかったんだけど、日本の食べ物で何が恋しいかという話になって、
豚骨ラーメンの話で盛り上がり、もう食べずには帰れない頭になっちゃったんで。
中華麺としてはまあまあだったけど、やっぱり日本のラーメンが恋しいねぇ、、、、、


ロンドンから戻ったら、ジャパンセンターで通販した食べ物がちょうど届いてました。
昨日寄ってもよかったのにわざわざ通販したのは、メインが米だったから。

しばらく日本米を買ってたんだけど、高い割にいまいちだったから今回は台湾の大橋産コシヒカリを頼んでみた。
5kgで15ポンド(2000円)くらい。
今日さっそく炊いて、日本食三昧にしてみたけど、今までの米で一番好きかも!

いや~、便利になったねイギリス暮らしも!

100_5832.jpg


デザートは今年初収穫のイチゴ。
100_5833.jpg


ロンドンオリンピック、チケット騒動



ロンドンオリンピックのチケット、
販売は先着順でなく、みんなに公平に購入のチャンスがあるようにと前代未聞の抽選で行われ、
私も数カ月前に目ぼしいのに応募しました。

種目別に内容、日にち、席の値段等を考慮して自分の行きたいものに応募するだけなので、
聞こえはとってもシンプルだけど、
やってみると実はそんな簡単じゃないんです。


落とし穴は、基本一人一応募で、
(家族で別々に応募してもいいけど、これもなかなか難しいのね、理由は後々分かります、、、)
全てのチケット項目で「公正に」抽選が行われてしまうところ。

たとえば、どーしても陸上の100m決勝が見たい!と思った場合、
価格が4段階に分かれていて二人分のチケットが欲しいとして、
お金に余裕があれば(不公平1)一番高い価格のチケットを最大予算で設定して応募すれば、
高いチケット(£725/一枚≒10万円!)は競争率が低いから、最大にチャンスを広げられます。

でもこれひとつに賭けて当らなかったらテレビで、というならいいけど
普通は100m決勝はさすがに競争率が高いから、陸上の他の日も応募しておくか、という気になるもんで、
3、4日分応募して一番高いチケットが全日分当ったりしたら、その分そっくり引き落とされるから何十万も銀行に入ってないといけなくなるのね。

さらに水泳もテニスもどうしても見たい!なんて思って全部応募した日には、
当たった時の為に100万を超える単位のお金の余裕が必用になってくるわけ。

貯金に余裕があったとして(不公平2)、陸上みたいな転売ができる種目ならいいけど、
見たいのがマイナーな種目だった場合、何日分も同じ種目のチケットが当たっても困るでしょう。
違う種目で当たった日にちがかぶっても行けないし。

ちなみに当たったもののうち一部だけ買うとかはできず、
何回か引き落としが失敗すると応募自体が無効になります。、

つまり貧乏市民は、
全部当たったりした場合、お金が足りなくて応募が取り消されるリスクを負っても下手な鉄砲を打つか、
何も当たらない可能性もあるけど、予算内で見たい種目(たいていみんなメジャーなものが見たい)のみに賭けるか、
どっちかしかないんです。


で、結果は、、、、、


「2012年に開催されるロンドン五輪のチケットの抽選が今月1日までに行われ、多くの人が涙をのんだと各紙が伝えた。
応募総数180万人のなかから抽選に外れ、1枚も当たらなかったのは少なくとも25万人といわれる。
そのなかには、ボリス・ジョンソン・ロンドン市長も含まれるという。同市長は家族のために1枚もチケットを入手できなかったことで、「とても落胆した、悔しい」と話している。

また、これまでにオリンピック金メダルを3個獲得している自転車競技のブラッドリー・ウィギンズ選手もチケットを入手することができず、子供たちは父親が出場する試合をテレビで見なくてはいけないことになるという。

一方、チケットを大量に申し込んだ人の方が当選する確率が高かったようで、 ある弁護士は3万6,000ポンド(500万円超)分のチケットを申し込み1万1,000ポンド分が当たったという。」



出場選手、開催都市の市長まで一般市民と一緒にするほど「公平」さを追求した割に、
結局、身の丈で見たいものだけに応募した普通層の人たちが涙を飲むはめに。


ちなみに私は作戦を練って、
応募の内容を二つに分けました。

1.大人気の種目: 開閉会式、陸上×3日分、サッカー×2日分

2.イギリス人に人気がなさそうで個人的に見たいやつ: シンクロ×2日分、体操、バレーボール

全部一番安い席で、金額的には1、2半々くらい、全部当ったら700ポンド(10万弱)だけど、
まあ現実的には半分だろうと読んで、予算は400ポンド。


周りのみんながことごとく全滅する中、私もだめだったかな~
と半ば諦めてたら、引き落とし予定最終日にVISAの決済がありました。

結果は340ポンド!

さてここでまた問題なのが、公に全ての引き落としは終わってるから、
決済が無かった人は外れ、会った人は何かが当たってるのはみんな知ってるんだけど、
私も含めいったいなんのチケットが当たったのかは誰もまだ知りません~。

世のなかお金だけ払って何を買ったのか分からない、なんてことあるんですね~。

いや~イギリス人、どこまで不器用なんでしょう~。
売る方も、応募する方も。


当たりメールが来るのはあと1週間くらい先らしいけど、
引き落とされた金額からすると、当たったのは

体操男子団体 決勝
シンクロデュエット 決勝
バレーボール 準々決勝
サッカー 準々決勝+準決勝

な気がする!
陸上と開閉会式は全滅っぽい、、、、、
サッカーはかぶっちゃったけど簡単に売れるし!
結構うまくいったんじゃないかしら~。


日本を出るとき、「オリンピックまではイギリスにいる」って宣言してたので、
念願叶ってうれしいなー。


スタジアムは外から見学だけど(大して何の変哲もないし)、
ザハ・ハディドのうねうね水泳場は見れそうです。

aquatic_2012_hadid_1.jpg


aquatic_2012_hadid_5.jpg

楽しみ~!


梅雨の中休み



いや、梅雨ないんですけどイギリス。

明日はまた雨みたいだから。



トーマスは水気が嫌いなんで、今日はご機嫌。100_5803.jpg
しあわせ、、、、


雨上がりの庭



昨日から、バケツをひっくりかえしたかのように雨が降ったかと思えば
次の瞬間かんかん照りになったり、

バトンタッチがうまくいかず、お天気の中ザーザー降りになったり、
ヨークシャーらしい妙な天気が続いてます。

天気雨なんて日本だとめったにないけど、
四季が一日でやってくるイギリスではしょっちゅうです。

洗濯物が乾かなくて困るんだけど、
いちいち出したり取り込んだりするのもあほらしいし。

昨日起きた瞬間の晴れ空を読み違えて2回も洗濯機回しちゃったおかげで
家中が生乾きの洋服であふれてる、、、、。


雨があがったらめずらしいひとが庭にやって来ました。

100_5818.jpg

                         これ↑


うまいことカモフラージュしてるけど、

ズームインすると、、、、、、、、、

100_5819.jpg

この辺り池もないのに、どこからやってきたんでしょう?

ちっこいのにすごいジャンプ力で、
ひと跳ね1mくらいで一気に視界から消えて行きました。


今日は平和だなー。





ご臨終



チーン

今朝起きたら、庭にハトの羽が散らばってました。

ハト自体は見当たらないから、襲ったものが持ってったんだろうね。
まぁ、飛べなかったら生き残れないから、早く逝ってよかったね。

目撃してないから、何を信じるのも勝手なんで、
鷹がお持ち帰りして雛に与えたと思おう~。


今日はキツツキが雛を連れてピーナッツフィーダーにやって来ました。
お父さんが忙しく雛にエサをやる様子はいじょーにほほえましい

ママは、子育て第二段(ブラックバードは、ひと春に3回くらい卵を産む)で、
2匹の雛がいるらしく、最近また勝手口の前をうろつきながらエサをねだってきます。
そのうちふわふわの雛をお披露目にくるかもねー!

というわけで、去る者もいれば、新しい命も続々生まれていて
飽きることないガーデンウォッチング。


夜の間に臨終したのは、Collared Doveという鳥。
アジアじゃなくて、ユーラシア大陸からやってきたハトだった、、、、。

CollaredDove.jpg
首輪をしてるように見えるので、Collared。

日本ではシラコバトと呼ばれ、埼玉の県鳥で、越ヶ谷のシラコバトは天然記念物になってるんだって。

へー。

またハトに生まれ変わるなら日本に来るといいよ。
守ってもらえるから。



ジレンマ



どもー。

またひと月あいちゃいましたね。

学会やら、論文の締め切りやら、家庭のごたごたやらが雪崩のように押し寄せ、
ひさしぶりに胃がきりきりしたりしながら過ごしてましたが、
最近やっと落ち着いて、先週末は「なんにもしない!」と決めてフレンチオープン()見たりして
のんびりしたらちょっと復活しました。

相変わらずアブラムシはぶちぶちつぶしてます。


さて久々の今日はいち環境人として考えさせられる出来事がありました。

昨日の夕方庭をうろうろしてる小型のハトを見つけて、
私を見ても逃げないから変だな?と思ってちょっと追いかけてみたら、どうも羽を怪我して飛べない様子。
まあほっとくしかないだろうと思ってそのままにしたんだけど、
今朝起きたら今度は庭の真ん中に座って日向ぼっこ?してるじゃんね。

なんとなくかわいそうだから、パンを撒いてあげて、
私も一緒にお日さまを浴びてたら、すっかりなついた隣のトーマス()が挨拶しに寄ってきて、
野生の感なのかすぐハトに気付き興味しんしん。

意識をそらせようとなでてみたり、遠ざけてみたりしたけどだめで、
ストーキングし出したから、ハトも超ナーバスに、、、、、

弱ってる鳥とか危なっかしい雛とかを見ても、自然のことだからとほっておくのが信念なんだけど、
トーマスはよくネズミを捕まえても、生殺しにして遊んでるから、
襲われたらかわいそうだし、
「どーーーーーーーーーーーーーしよーーーーーーーーーーーー」
としばらく悩んだものの、緊迫する状況にいてもたってもいられなくなって、
気づいたらハトを捕まえてたんでした、、、、、、が、

緊張で目をひんむいてるハトを手にしながら、
「で、これどうするの?」という疑問が、、、、。

意味もなくハトを抱えたまま庭をうろうろした後、
とりあえずリサイクルごみ用の箱に入れて金網で蓋をして放置。
30分くらいしたらエサを食べ出したから、
こうなったらとことん関わろうと、
↓ベンチの下部分を網で囲って即席鳥かごを作ることに決定。(どうせ飛べないから高さはいらないもんね)

100_5810.jpg


でもだんだん「なぜここまでする?」という気持ちにもなってきて、、、、。

うちの庭は小鳥がたくさん来るし、最近は幼稚園のように巣立ちしたばかりの雛であふれてるから、
よく鷹が来て運が悪いのをさらって行くんだけど、
もしこのハトが鷹にさらわれたなら、自然淘汰だね、と思えるのが、
家猫にもて遊ばれて苦しむのは人間がもたらした害だからどうしても介入したくなっちゃたんだよね。

でもしばらくしたら当のハトが網に向かって頭突きを繰り返すようになって、
あんたの為を思ってやってる、なんてのは野生の鳥に分かるわけもないし、
羽が治る保証もないし、どうせ死ぬなら自由にさせてあげた方がいいか、
でも明日起きて庭で死んでたらやだーーーーーーー!

なんて不毛な議論をひとり頭のなかでぐるぐるぐるぐる。


ハニーはもっと前から言いたいこともあったろうに、
「気持ちは分かるよ」と見守ってくれて、私がこれはもしかしたらただの自己満足かも、、、、と思い出した頃
タイミングをみはからって「I think you should let it go」 と言ってくれて、
何だか妙に納得。トーマスからは守ったし、何かやるだけやって気も晴れたし。

1時間かけて作った即席鳥かごだったけど、
網を一部開けてハトの念願通り自由にしてあげました。



後で冷静になって考えてみたら、この種のハトはアジアから持ち込まれて野生化した鳥で、
イギリス原産じゃないから野鳥保護からも対象外になってるんだよね。

てことは家猫に喰われても自然界の掟的には全く反してないんだろうし、
ネズミはよくて鳥はだめというのもおかしいんだけど、
目の前で危機に面してる弱いものには対象がなんであれ同情するのが人間なので、
しょうがないんですー。


網かごから出ていくのを見守ってたら、
即効別のハトがやってきて、交尾をしようとしてるのか、ただ弱い者いじめをしてるのか
馬乗りになってせっかく自由になったハトをつつきだして、
羽はそこらじゅうに飛び散るわで、私が「だーぁ、どおしようーーー!?」とまたパニくってたら、
あわてたハニーが攻撃してる方のハトを追い払いに庭に突進していきました。

かわいそうなハトは曲がった羽をばたばたしながら庭の奥の茂みへ消え行ったんでした、、、、、、。


いや~、無駄に疲れた一日でした。


ちなみに写真のベンチは最近のハニーの拾いもの。
先月は唐突に掃除機と芝刈り機を拾ってきました。
ガレージが片付く日は来るのか、、、、、?

でもこのベンチはひさびさの当りで、
ペンキを塗りなおして使う予定~。






Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。