across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライベート続編



ぜんぜん「研究編」に行けません。

「今のところいい感じ」と書いたばっかりなのに、、、、また事件です。


うちは家中湿気とカビに悩まされていて、寒くても換気したり、
色々気をつけていても、特に湿ってる冬場(日本とは逆)は、
ひと月にいっぺんは、漂白剤スプレーを片手に目がチカチカしながらカビを取りまくる、
ってことをしないと、知らないうちに部屋の隅が真っ黒になってたりする。

花子の部屋は4畳しかなく、本人はハイベッドに寝ていて、
芳江が来ると簡易ベッドを床に広げるから、その時はもう本当に足の踏み場がなくなる。
必然と物が壁寄りに積み重なっていくんで、空気がとどこおり、
お風呂場の隣という立地もあいまって、4方壁面がカビの温床になってるんである、、、。

イースター休み中、良い子の花子は、物を減らすべく、誰に言われるでもなく片付けをしてたんだけど、
あの服もこの服も、お気に入りの靴もカビカビなのを発見して、撃沈。

これ、私も一度経験済みで、スーツやらシルクのドレスやらを大枚はたいてクリーニングに出し、
それ以来はクローゼット内もちょくちょく換気して、湿気のひどい床面には何も置かないようにしてる。
ハニーの棚の一番下にあった革靴が全面黄色いカビに覆われて発見されたことも、、、。



ウィッチー家(元々はハニーん家)は4L+D+Kの計7部屋。
4つある寝室のうち、3つはそれぞれ8畳ほどあって、あと一部屋はすこし小さい。
小さい部屋は元々芳江が使ってたけど、花子が出て行くと同時に、
即効元花子の部屋を芳江が占領。(っていうのがまたもめるんだよ)
この部屋は、ごたごたする数ヶ月前に、花子の誕生日プレゼントとして、
自分でインテリアを考え、全面改装してもらったばっかりだった、、、、。

まあ、花子はこの件については理解したんだけど、
芳江が使ってた小さい部屋は、いつまでたっても芳江の持ち物に占領されたまま。
芳江は物心ついた時から、片付けられない症候群ウィッチーの「ごみ屋敷」にしか住んだことがないから、
物を捨てない。

もう到底着れない幼児の頃の洋服から、誕生日とクリスマスの贈り物、
ありとあらゆる思い出の品が2つの部屋に山積みになってるらしい、、、、。

ちなみに私は1階にあるL+D+Kの部分しか入ったことがないんだけど、
どの部屋もほこり、動物の毛と物だらけ、トイレも最後にいつ掃除したのかわからない汚さで、
(築40年の公園のトイレを想像してください。)私は見ただけで吐き気がして、
どんなにもよおしてもあれは使えないと思った。

母親がそんななんで、子供が片付けるわけなく、
突然変異できれい好きな花子はそれもあってうちに住んでるんだけど、
うちは何しろ狭いから、カビ事件を機に元々芳江の部屋だった小さい寝室を、自分の別部屋化すべく、
片付けをしにここ数日ウィッチーの家に通っていた。

前回書いたように、最近ウィッチーとの関係も改善に向かっていたし、、、、。


ところが、この状況を良く思わなかったのが太郎と芳江。
昨日、花子が学校から帰って来て、片付けにいそしもうとウィッチー家に行くと、
「うちで何してんのさ」
「またお母さんのご機嫌取りかよ」ってな言葉を連発した。

その後何がどうなってエスカレートしたのか分からないけど、
太郎は夕飯を「こんなもん食えるか!」とゴミ箱に投げ入れ、
怒りにまかせて冷凍庫を蹴飛ばして内扉を大破、
花子が逃げるようにうちに戻ってくると同時にウィッチーが泣いて電話して来て、
ハニーはまた事態収拾に呼ばれて行くんであった、、、、。


太郎に事情を聞いても、
「俺の人生は最低だ」「こんなんなら橋から身を投げてやる」と繰り返すのみ。


こんなこと書いてばっかりいると、太郎がとんでもない子供に見えるけど、
普段は非常におとなしくて、私を含め他人には礼儀正く、人見知りりすぎるところはあっても、
バイトは普通にできるし、ドラッグも酒もやらない、基本は何の問題もない子なんだけど。

思うに芳江も太郎も、花子に嫉妬してるんである。

ろくでもない元彼が出入りし、貧乏で、ゴミだめの家から一抜けて、
将来有望で可愛くて、彼氏もできて、友達もたくさん、花子は確かにいつ見ても楽しそうに生きてる。

母親の家と、彼女との関係だけは、花子が失って、二人だけが持っていたものだったのに、
それすら改善していくと、いいとこ取りしてるようにしか見えないんである。

でも実際は、家を出たんではなく、追い出されたんであって、
カビだらけの4畳を、そりの合わない妹と共有せざるを得ず、
狭い空間に私っていう他人と住むのだって、ストレスだと思う。
勉強も友達づくりも、母親との関係改善も本人の努力なんである。

そう、花子はいつも自分の生活、人生を、快適で良い方向に持っていこうと努力している。
勉強だって、早くから「大学に行って、まともな仕事につく」って決めていて、
それに向かって自分でやってるだけで、うちらがどうこうしたわけじゃない。


元は賢いのに、勉強っていうものをずっと真面目にしてこなかった太郎、
いつでも成績は真ん中くらい、不況の中突出したものもないまま、来月ついに成人。(イギリスは18歳)

将来の目的も、指標もなく大人になることで、不安がいっぱいで、
人と比べて自分を哀れんでるところがあるんだと思うけど、
最終的に自分の人生は自分で切り開いていくもんなんだと、
肝をすえてたくましく生きていってもらいたいもんである。





スポンサーサイト

近況報告(プライベート編)



どーやっても時間が空いちゃうね~。
先月に比べたらまったくのヒマ人なのに。

ロンドンは、一泊二日で、目的もひとつだったし、
二人だと電車より安いから車で行ったら、往復8時間車だし、
なんか忙しくて疲れた、、、、。

ホテルはけっこうふつーで、部屋は広くて静かだったけど、
やっぱり自分家がいちばん!てのを実感した。
うちはシングルをつなげてクイーンサイズベッドで寝てるので、
普通のダブルだと常にひじがぶつかって「せまっ!」っと思ってしまうんです。
贅沢ーぅ、と思う人は190cmといったん一緒に寝てみるといいよ。
すべてが異様に長くて、境界を越えて飛びでてくるんだから。

あ、でもプールがあるのはとっても良かった
近くのプールは先月燃えちゃったんで、この辺で泳げるところがないから、、、。


さて今イギリスはイースターホリデー中です。
イースター自体は先週末で、働いてる人たちは金月休みがつながった、長めの週末で終わりだけど、
学校は2週間閉まるから、子供たちはうろうろするわけで。

毎年イースターはウィッチー家族(両親、妹2+弟1&そのもろもろ家族 ←4人姉弟の長女のくせにダメ女なウィッチー)は
みんなでスペインのベニドームへ行くんだけど、
上の二人は早々に、今年は行かないと決めていて、
芳江はまだお母さんにくっついてたい年だし、ホリデー中に自分の誕生日もあるから、
特別感のあるスペインに行くことになってたんだけどー、、、、


あー、もうどこまで書いたか忘れちゃったけど、
去年の3月から、別れてくっついて、別れてくっついて、別れた後、
元彼がバーミンガムから意図見え見えで、ウィッチー家から100mほどのところに越してきた。(ここまで書いたかな)

そのひと月ほど後、
「クリスマスに一人」という寂しさに耐え切れなかったウィッチーは、
意思弱よわなんで、再度寄りを戻して、クリスマスの日ディナーの席で、それを子供たちに公表したんだけど、
母親のアホさかげんにいい加減呆れた花子は彼女を「尻軽女」呼ばわりして、ウィッチーはその場で号泣。
冬休み、子供たちは25日の夕方までウィッチーのところ、その後大晦日までうちに来る、ってのが恒例なんだけど、
花子はそんなこんなでディナーもそこそこにウィッチー宅を飛び出して来た。

太郎はもう親についてまわらなくていいから、うちには夕飯を食べにだけ来るってことになってたのに、
この夜、待てど暮らせど彼はやって来ず、始めてクリスマスに息子に会えなかったハニーは、えらく動揺して一睡もせず、翌日ゾンビ化。
太郎は26日のプレゼント開きにやっと顔を出して、
それから30日までうちにちょこちょこ来ては食べ物を漁っていくから、何かおかしい気はしてたんだけど、
後のち分かってきたのは、「クリスマスの夜からウィッチーが家に帰って来ない」ってこと。

芳江は大晦日をお母さんと過ごしたかったから、「いつ家に帰れるの?」と聞くけど、
母親がどこにいるかわかんないし、
結局大晦日に、のこのこ家に帰ってきたウィッチー、
元彼からのプレゼント「彼の描いた下手な絵」(欲しいか?!)をキッチンの壁にいそいそ飾ったところ、
クリスマスの日から食べ物も、金もなく、放置された太郎はブチ切れて、
怒りにまかせて絵を手に取ると、居間に向かってそれを放り投げ、
絵とともに棚の上の芳江の写真などなどを破壊、
クリスマスに続いて散々な大晦日を向かえたそうな。

あ~、今書いててもアホすぎて笑えるウィッチーの人生。

これで動揺した芳江が、ハニーに一部始終(花子の「尻軽女」事件などなど)を話して、
うちらは始めて元彼と寄りがもどってたこととかを知ったんだけど。

子供たちなりに、クリスマスの雰囲気を壊してはいけない、とハニーには言わないでいたみたい。
まーね、太郎がクリスマスにうちに来なかった時点で、何かあるんじゃないかと思ってたけど。



この後、私とハニーは合わせて正月にめずらしく風邪をひいて、
今年の始まりはみんなちょっと散々でした。

花子はしばらく母親とまた話さなくなるし、そうすると芳江と花子の仲も悪化するし、
太郎は数ヶ月ちょっと荒れて、カレッジに行かなくなり、
夜遊びするようになって、ウィッチーともめて怒っては家のものに当たる、みたいなのを何度か繰り返し、、、、、

そのたびにハニーが寝ずに悩んじゃって、ほかの事に手がつかなくなっちゃうから、
私の負担も増えて、しんどかったわ1月2月、、、。


でもね、何にでも転機というのはあるもんで。

去年花子が家に住みだして、元彼を追い出してからは、
それまでもらってた養育手当てが減額、彼の「障害」手当てももらえなくなって、
生活に困窮していたウィッチー。

太郎は週3日ガソリンスタンドでバイトしていて、週1万円ほど手渡しでもらっていて、
自分で管理できないから、最初は母親にこれを丸々渡していたんだけど、
ウィッチーはこれを「自分の口座に入れて貯めてる」と太郎には言って、実際は使いこんでた。
たまに太郎が自分のお金を「2000円ちょうだい」、とか聞いても、
「今すぐ出せない」とはぐらかすウィッチー、さすがに太郎も信用できなくなって、
ハニーと花子のお金を管理してる私が、太郎の給料もあずかることになった。

太郎のお金も当てにならなくなり、この冬は暖房費も払えなくて、寒い家で食べ物もその日の分しかない、
というような状態が続き、うちから子供たちに食べ物を持たせたり、暖炉用の石炭を買ってあげたり、
見かねたハニーの両親がお金を渡したりしてた。

私も鬼じゃないんで、ハニーのお金は子供たちのお金だと思うし、
できる限りで子供のサポートはしてあげたいと思うけど、そんなカツカツなのに、
お酒は買うし、タバコを吸ってるウィッチーには、その金を子供に回せよ!!!と言いたくなるっつうの。


で、2月のある日、クリスマスにもらった芳江のお金8000円ほどが貯金箱から消える、という事件が起こり、
ウィッチーがそれで食べ物を買っていたんだけど、許可もなくお金を使われた芳江は激怒。

さらに、私が管理し出してから始めて、太郎が給料袋を一旦家に持ち帰った週末、
お金が袋ごとこつぜんと消える、ということが続いた。
ちなみに17歳の太郎の部屋はごみ屋敷ブラックホールだから、物が消えるのはこれが始めてではないし、
ウィッチーは「そういえば袋を見た気がするけど、空だと思ってリサイクルで捨てた」と言うけどもね、
私は毎週給料袋を開けるからね(太郎は開けもしない)、その中にはいつも端数の小銭が入っていて、
『空』じゃないことが一目瞭然だって、知ってるもんねーーーーー!

ま、へたな嘘だってのは本人が一番分かってるだろうし、
子供たちの信用をひとり、またひとり失っていって、流石に人間として何か思ったのか、
やっとやっとやっとね!始めてくれたのよ。仕事を!!!!!

近所の保育園で、週5日まじめに働いてるみたいよ、彼女の人生で始めてのお仕事。

まだいつまで続くかは疑問だけど、
ウィッチーが働き出した後は、色々好転するばかりでね~、芳江はそれまで不可能だった買い物に連れてもらえたり、
太郎は人が変わったように真面目にカレッジに行きだし、
社会人になって、新しい友達もできたウィッチーにやきもちを焼いた元彼とも4度目の破局、
花子もまたお母さんに会いにいくようになったし、
今んところいい感じ。


相当長い前置きだったけど、
この「4度目の別れ」の後、落ち込んでいた母親を11歳の芳江がなだめていたら、
「今年はスペインに一人で行きたい」とウィッチーが言い放ったので、
芳江は自分の気持ちをぐっと抑えて、それなら自分は行かないという決断をしたんでした。

イースターが近づくにつれ、誕生日が近づくワクワクと、お母さんと過ごせない寂しさとで、
ちょっと不安定になってたから、「やっぱりスペインに行きたかった」と思わせないために、
このホリデーは予定満載にして、ハニーの家族も色々気を使ってくれて、
誕生日も3回くらい別々に祝って、12日間、お母さんの「お」の字も口にさせることなく、
一昨日ウィッチーの元にお届けしたわよ。

キャリアウーマンのハニーのお姉さん(ウィッチーの正反対にいるような素敵な人)が、
どうやって仕事と子育てを両立しているのか、ほんとーに、関心するくらい疲れた。

まま母業を始めてから本当に思うのは、ホリデーは子供のためのものであって、
自分の休みではないんだってこと。




次回は近況報告(研究編)お届けする予定で~す。






予定はあくまでも予定で~す。

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。