across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UK暴動



心配してくださった皆さまありがとうございます~。
コメントでももらったように、ヨークシャーは平和です。

それでもシェフィールドは落ち着くまで行きたくないな~、と思ってたんだけど、
予想に反してヨークシャー主要都市には火花が飛んでこなかった。

北イングランドは労働者階級、労働者にもなれないアンダークラス(下層階級)も多いから、
ちょっとした事件くらいは起こるだろうと思ったのに。

街自体が小さいから警察が警備しやすかった?
公共物破壊とか、盗みくらいは日常茶飯事で警察が慣れてる?
、、、、、でも一番可能性が高いのは有色人種が人口数パーセントと少ない、からかなー?

(別に白人だから安全、ってこともなく、黒人でもアジア人でも色々だから、人種差別的発言ではないです)

今回はきっかけが警察が黒人の麻薬ディーラーを銃撃したことだったのを始め、
暴動にも黒人ギャングが多く関わってたとこととか、暴動がおこった場所を見ても、捕まった人たちを見ても、、
一定の人種が中心になって起こした暴動って感じが強い。

興味がある方はここで最新暴動地図が見られます。
「地図」をクリックすると土地名が出ます。

うちはリーズとかヨークのあたり。

ロンドンから北にウィルスみたいに広がった時は、この辺にはいつくるか、と思ったよ。
来てもうちの周りは盗むものも(羊???)、火をつけるものも(やっぱり羊???)ないけど~。

白い丸が過去の事件で、赤丸が最近。なので、見もて分かるようにきのうあたりからは全国的に落ち着いてます。


今年に入って、24時間ニュースにくぎ付けになったのはこれが二度目だけど、
あんなに国がパニックになっても、じっと耐えて忍んで、並んで、他人の持ち物を尊重していた日本人は偉いな~と
比べてみて改めて思いました。

地震が起こった時は、みんなそのことに一番驚いてたし。

ニュースでは社会から見放されたニートがなんだとか、
失うものがない若者を救おうとか、人種差別的な警察の行動に講義とか、色々言ってるけど、
捕まえてみれば小学校の職員だったり、ブランド物のスカーフを泥棒巻きしてた奴とか、
大半はロンドンがちょっと荒れだした瞬間に、「警察が混乱してる間に便乗してやれ!」と
欲丸出しで盗みを働いた人だと思うんだけどね。

この国で大地震が起こったりしたら、自滅しますよ~。




ぜんぜん関係ないけど、
癒し系ブログになってきたみたいなんで、
今日のほっとひと息、ひさびさのブリンダス。

100_5887.jpg

バーイ





スポンサーサイト

« デフネス|Top|びっくりヘッジー »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://juriy.blog33.fc2.com/tb.php/107-d313c3b9

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。