across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デフネス



もうかれこれ8年くらい、左耳に「浸出性中耳炎」なる持病を持っていて、
耳と鼻をつなぐ管がうまく働かないから、
飛行機に乗ったり、風邪ひいたり、疲れたりすると耳の聞こえが悪くなってた。

悪化すると鼓膜の中に水がたまって、
日本では、そのたびに鼓膜に穴をあけて、水を吸い出してたんだけど。
(麻酔がちゃんときいてないとすごーーーーーーーーーーく痛い


この左耳が、イギリスに来てからずーーーっと調子が悪くて、
病院にも何度か行ったんだけど、鼓膜の切開はイギリスではやってないらしく、
日本ではその先の治療になってる鼓膜チューブを入れるのが主流。

たまった水を取り出して、鼓膜内の気圧を調整するために、
鼓膜に小さい筒を差し込みっぱなしにするんだけど、
イギリスの医者を信用してない私は、ひたすらこの手術をいやがって、
悪いままだましだましやってきたんでした、、、、、。


あんまり繰り返すから去年一度意を決して、「チューブ入れてほしい」って病院に行ったんだけど、
たまったまその日調子がよくて、「これくらいじゃできません」って言われて大憤慨。
「いつもはもっと悪い」って言っても、「それはあんたが主張してるだけで、症状は出てない」の一点張り。
あげく、「どうしてもっていうならやってやれないこともないけど、こっちも予算てものがあるんだから」と言われ、
何だかもう議論する気にもなれず、「3ヶ月後に戻ってきて症状があったらやってやるよ」
というのを素直に受け入れるしかなかったんでした。


そうして3ヶ月待ってるうちにまた不信感がぶり返して、
その後半年放置したらいよいよ悪くなり、
最近は寝ても覚めても頭の半分が水中にいるような感じ。

さすがにもう放置できないし、今回は機械で測れる症状が100%出てるだろうから文句ないだろうと思って、
再度GP(町医者)へ。(イギリスの医療機関については書くと長---くなるんで、気になる人はウィキペディアで→NHS


すんなり病院に紹介してもらったのはいいんだけど~、
耳鼻科紹介のための「お手紙」を待つこと1週間、
手紙にあった方法で予約をとろうとすると、、、、、、一番早いのが1月半後、、、、、。
もう本気でデフなんですけど。
文句を言っても別に今死ぬわけでもない限り早めてくれるわけじゃないんで、
「一番早いやつ」を待つことに。


ステレオ音声じゃないから音の発生源が分からないし、
聞こえなかっただけなのに、英語が分からなかったと思われて心外だったり、
イライラしながら待つことひと月半、
やっと病院の日ーーーーー!が来たのが先週。

鼓膜振動検査をしたんだけど、左耳のグラフ死人の心電図みたいだった。
↓「かなり悪い」例よりフラット。
10025134337.gif


今回はあっさり「これはチューブ入れましょう」と言われ(けっ)、わーい!と思った矢先、
地に落とされる一言、、、、、。


「じゃ、手術のウェイティングリストに入れておきます」


、、、、、、、、3ヶ月後くらいすか?


というわけで再びウェイティング。
まずは「お手紙」待ちだよね~やっぱり。
イーーーーーーーツーーーーーーーかーーーーーーーーなーーーーーーーーーーーー??


今日は別のことに話がつながるはずだったんだけど、
ぐちが長くなっちゃったんで、それは次回。

ハニーの正体がちょっとばれるかも。


では~


スポンサーサイト

« 家族のかたち|Top|UK暴動 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://juriy.blog33.fc2.com/tb.php/109-59e5734e

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。