across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホリデー2011



いろいろある中、先週はハニーとショートホリデーに行ってきました。

行き先はノースヨークムア。
その名の通り、ヨークの北(東)にあるムア。ムアは荒野の湿地帯で、嵐が丘の舞台と一緒の、イギリス北部ヒースの丘。

ハニーの家族が、国立公園内に30年物のおんぼろのキャラバンを持っていて、
雨漏りしたり、傾いたり、去年の冬の積雪でもうさすがに潰れるかと思いきや、何とか持ちこたえてるので、
本当に壊れて消えてしまう前に行ってきた。

夏休みにも子供たちと行ったけど、まま母業があると私はホリデーじゃなくなるから、
今回は2人+犬水入らずで!


花子がうちに住みだしたとき、年に一度二人でホリデーに行く、っていう唯一の条件を出していて、
すーんごい楽しみにしてたのに、、、、、

出かける予定だった日に太郎事件が発生して(ウィッチの策略に違いない)、
ハニーは体調を崩すし、私の耳も感染するし、でのばしのばしに。
太郎は相変わらずうちのリビングを占領していて、「子供の一大事に置いていけない」モード全開だったハニーだったけど、
家からひっぺがすようにして、5泊の旅行を敢行。

だって、その他の360日はいつだって子供を優先してきたし、
思春期が3人もいたら、いつも誰かが何か問題をかかえてるんだから、
そんなこと言ってたらいつになっても行けないからね!

初めの3日間は「こんなときにホリデーなんて、、、」とか暇さえありゃぶつぶつ言ってて、私もイラついてたけど、
最後はお互い楽しくなって、いつも通り、水なし、電気なしの生活でも、まだいたーい、帰りたくなーい!
じたばたじたばた、、、、、 幸せな休暇の終わりだった。


最近ぜんぜん写真載せてなかったから、今日はカラフルに


WP_000056.jpg
これがおんぼろキャラバン。
ファームの隅っこにあって、ハニーの家族が植えた木や花が植わった庭に囲まれてる。
トイレは別小屋。キッチンはガスコンロ、明かりもガス灯!
水は近くから汲んでくる。


WP_000058.jpg
入り口にはこれまたボロっとしたゲートがあって、
その外の柵で囲まれたあたりは駐車スペース兼庭の延長。

晴れた朝、ここに椅子を出して朝イチの紅茶を飲むのが、イギリス生活でいちばん幸せな時間。
(ハニーも子供も抜きで!ブリンダスはいてもOK)

DSC04429.jpg
ムアの丘。

DSC04430.jpg
一歩キャラバンを出て、ドライブすると見渡す限りの荒野。

DSC04427.jpg
感慨に耽るブリンダス、、、、、

DSC04420.jpg
道々にはいろんな生き物が落ちてます。

100_4841.jpg
これは羊。
夏のまだヘザー(ヒース)が紫だった頃。
まさに嵐が丘の風景。

100_4877.jpg
国立公園にはイングランド北東部の海岸も含まれていて、
ちょっとドライブすると小さな昔の漁港の町もある。

DSC04445.jpg

来年もキャラバンに行けるといーね。




スポンサーサイト

« 収穫の秋|Top|目の前のコブ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://juriy.blog33.fc2.com/tb.php/116-8e989769

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。