across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の庭


ここのところ字ばっかりのブログだったんで、
今回は我が家の庭の様子でも、、、、。



しばらく登場しなかった、ブラックバードの「ママ」は、
去年の夏、二羽の雛を育て上げた後、疲れ切った様子で、羽もあちこちパンクな感じになっちゃって、
その後、とんと姿を見なくなりました、、、、。

あとは、お空の星になったなり、外縄張りに移住して行ったなり、想像におまかせします


去る命あれば、生まれる命もあるもんで、
冬の終わり頃になると、去年ママが巣を作ったお隣との境の垣根に、
若い雌のブラックバードが、ちょくちょく偵察に来るようになった。

この時期はどの鳥も巣作りの場所をあちこち探して回るから、
見に来てるだけだと思ってたんだけど、春になってもちょくちょく見かけて、
リビングの窓越しから目をこらして垣根を除いてみると、
なんと、ママの巣がリフォームされて、卵が3つ入ってた!

若いのに、省エネ派で、なかなか将来有望なママ2号(命名MumⅡ)。

その後しばらく寒くて天気が悪い日が続いて、卵が心配だったけど、
元祖ママと違ってなついてないから、覗き見るのを我慢した数週間後、
庭仕事をしてると、生垣が異常ににぎやかなのに気付いて、
だめ、だめ、、、と思いつつ、
覗いてみると、、、、、、、



嫁は鶴になっていました。


、、、、、、、

おっと鳥違い。

既に巣が手狭なブラックバードの雛が。↓
CIMG0427.jpg
上がくちばし。シマシマなのは羽。

まだ目もあまり見えずにウゴウゴしてる感じだったのに、
写真を撮った2日後には巣立ってた。

雛はお隣の庭に落ちたのか、見かけないんだけど、
ママ2号はすでに次の卵を産んで暖め中。

ブラックバードは、一春に2~3回卵を産んで、
1回に巣立つまでいく雛は普通1羽のみ。
巣立っても天敵がたくさんの雛、自然はきびしいっす!


Thomas.jpg
身近な天敵。

トーマス、それはお母さん鳥かもしれないから食べちゃだめです。
(興味津々な彼も実はネズミ派。鳥はすばしっこすぎて、やる気が起こらんらしい)





〈オマケ〉
CIMG0445.jpg
相変わらず頑張る灰色リス。




スポンサーサイト

« ども|Top|近況報告(研究編) »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://juriy.blog33.fc2.com/tb.php/130-65db2e51

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。