across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月11日



<24:00>


サムくん家にはネコがいる。

プライドが高くて、いかにも猫らしい
触ろうとするときびすを返すくせに、消えたかと思うときっちり1m離れたところで一文字に伸びて寝息をかいてる。
気まぐれで素直じゃないところにちょっと親近感、、、


今日は朝寝坊をさせてもらって、ゆっくりごはんの後チューリッヒの旧市街へ。
空は雲ひとつない快晴 太陽の下では夏仕様でも汗ばむくらい。

トラムに乗ってオフィス、高級ブティック通りを抜けたら目の前が開けて湖に到着。
湖から流れ入る川沿いに旧市街があって、4-5階建てのシンプルな14世紀くらい?の建物と
狭い石敷きの路地をぶらぶら徘徊。

視界が限られてるから、次の角に何があるのかわからないのがワクワク感を増すのねん。


100_3113.jpg
川の向いが旧市街。メンテナンスが良すぎて古く見えない



―ここでイームズ(猫ちん)一文字から起き上がって足元へジャンプ。
おもむろに毛づくろいを始める。重た、、、、


日向の坂道でサラダランチの後アイスを食べ歩きながらボート乗り場へ。
1時間半かけて湖を回るコースで、湖畔の庭+船着場付超高級物件を品定めしつつ、
背景の雪が残るアルプスを眺めつつ、みんなうつらうつら、、、、

シェフィールドで死ぬほど「水」が恋かったから、
今日のボートトリップは我慢した後のタバコみたいだった(吸わないけど)

100_3125.jpg
湖とアルプス


サミュエルも「水」への思いに同感で、彼が言うには水の上には何も建たないから
おのずと無のスペースが広がるからじゃないかと。
なるほど、、、

「動き」と「流れ」、「音」にも何かがある、というのは2人とも同意。


急に夏らしい天気になって、お日さまの下でちょい疲れモードの3日人はそのまま帰路へ

本日のメニューはチーズフォンデュ!と決まってたので、
ニッキーがお手製パンを焼いてくれる中(焼きたて、すんごいうまいよ
テラスに寝そべって沈む太陽で日光浴、、、

100_3138.jpg
今日のゴハン チェリー酒入れすぎでみんなほろ酔い、、、


外国なんだけど、懐かしい顔があって、
街は私好みのデンマークに共通するシンプルさとディテールへのこだわりを感じて何を見てもゾクゾクするし、
もう何か月か振りに真にリラックスできてすばらしいホリデイだわ


サミュエルはこれまで出会った人の中で、素直でナイスでこっちの心も洗われるような人だったから、
彼女ができたと聞いた時、きっとすんごいいい子に違いないと確信があったんだけど、
ニッキーはほんとに、これまたこんなにキュートでいい人がいたもんかと思うほどの人柄で、
私が何度か手に取って買うのをやめたスカーフをこっそり買いに戻って、
家に着いたら「サプライズがあるんだ~」って渡してくれるようなー、、、
私にはもったいないくらいの友達


彼らの出会い話を聞いて、やっぱり物事は流れの中で起こるときに起るんだと
改めて思う。


イームズは目の前でナゼかエジプトの猫像ポーズで固まって寝てる、、、

オヤスミ


100_3233.jpg


スポンサーサイト

« 2009年4月12日|Top|2009年4月10日 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://juriy.blog33.fc2.com/tb.php/34-24be2cfe

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。