across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月16日



<25:30>

やってきましたMunich!

いきなり酔っ払いです。


思いのほか長かったベルンからの電車の旅、、、
1時間くらいは余裕余裕、って車窓からの眺めを楽しんでたんだけど、
3時間を超えたあたりからおしりがむずむずしてきて、5時間半かけて到着した時はすでにぐったり。

駅で2年ぶりかなー?高校時代の友人でドイツ在住10年のクミちゃんに再会

こちらも前にイギリスにいた時から遊びに行くよ~と言っていて、一向に実現してなかったから
彼女に会えるのは旅計画の中で、すごく楽しみだったイベント!!

クミちゃんは高校時代部活が一緒で、
今はプロのバイオリンニストの彼女と恐れ多くも一緒に演奏してたりしたんだけど~、
タイミングをしくじったりすると弓で背中をつつかれたり、当時はとっても怖かったのよー。

お互い飛び回ってたから、ゆっくり話をするの自体がもう10年振りくらいじゃないかと思うけど、
彼女が住む特異な世界を垣間見るのはすごく面白い。

ヨーロッパに暮らす日本人としての共通点があるから、話もはずむしね。

シェフィールドで日本人の友達が一向に全くできなくて、それも少しストレスだったから
思いっきり日本語話せるのもやっぱり楽だし。


夕方着いてお家ごはんの後、最近彼女の周りに現れた不思議な友達とバーへ本場ドイツビール飲みに出かける。
いや~、やっぱりビールは確かにおいしい!!


クミちゃんの部屋は1LDKだけど50㎡以上あって、
劇場からは徒歩5分だし、街の中心も10分以内、建物のすぐ隣は川というすばらしい立地。

サミュエルのお家もそうだけど、同世代の彼らが「生活」を整えてる感じが、
今まで私が本気でしてこなかったことのひとつだな~と気付かされ、
引っ越し魔な上、これまで何をしてても腰が浮いてる感じだったから、
次のステップはやっぱりSettle downする方向へ向けようと、ここへきてまた心が固まった。




ベルンで朝寄った大聖堂。
建物はシンプルだったけど、彫刻が美しかった。
動きの柔らかい感じと、彩色がやっぱり北欧と近い印象。
好み
100_3999.jpg

高窓から入る光が恭しさを増す。
100_3422.jpg


電車までの時間つぶしに入ったカフェで飲んだカプチーノは、
人生3本の指に入る完璧なバランスの一杯だった。幸せ~


スポンサーサイト

« 2009年4月17日|Top|2009年4月15日 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://juriy.blog33.fc2.com/tb.php/39-48bfc101

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。