across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月20日



<12:00>

いよいよ帰りの飛行機。

いつも同じで、過ぎてしまえば目の前を景色が電車の窓から見るように高速で通り過ぎたようだけど、
行きの飛行機のことを考えると10日前よりはるかに昔のことのように感じる。

Luton空港へ向かうバスの中で頭を占拠してたこととか、
浮き沈みの激しかったそれまでの状態と比べたら、ひどく久しぶりに心が穏やかで
この先のことも、クリアに見える。


ここで機長さんのアナウンス。
(久々のイギリス英語だ~~

軍事演習と時間がかぶり、さらに飛行機を降りることにした客の荷物を下ろすために
飛行機はすでに1時間遅れ、、、、

あーーー、英語も恋しかったけど、何よりアクセントーーーーー
ベルンのホテルはアメリカ+カナダ人に占拠されてて、
アクセントで判断するのはこの上なく失礼だって分かってても、どーーーーしても敬遠しちゃうんだよね。


クミちゃんが3時間睡眠に付き合って起きてくれて、持たせてくれたおにぎりをぱくつきつつ離陸を待つ。
おいしー


ほんと、快く招いてくれた友達3人に感謝感謝。
この御恩は今度は私がおもてなしする形で返していきたいと思います。


ここでようやく離陸。
あーーーーーー、また魔の5分間が。この間は何をしても頭がパニックになるのよね。
すでに両手は汗だく。




<13:30>


戻ってきましたイギリス。
やっぱりここはHOMEなのね。

By spending a quality time with friends who I can truly interact with and simply admire,
and doing anything and everything my heart told me to do in these 10 days,
I feel like I remembered my true self.

And when I do, everything seemed tangled turns out to be so clear and simple.

迷ったら旅に出よ、とはよく言ったもので。




<21:30>

ただいま~シェフィールド



スポンサーサイト

« マイミュージック|Top|2009年4月19日 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://juriy.blog33.fc2.com/tb.php/43-0800e39d

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。