across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイミュージック


さて、また普通の学生生活へ戻ってきました。
今学期はグループワークが多いから、黙々と課題と向き合うというより、
グループ内のポジショニングにエネルギーを使ったり、個人責任じゃない分頭がぼんやりしたり、、、
やっぱ集団行動向いてないのかしら、、、、、


旅行中に久々に楽器の音に触れてから、自分の中で音の虫がうずうずしてるんだけど、
練習する場所もないし、やりたいこと盛りだくさんな中、
自分で弾くのはもう少し生活が落ち着いた時まで待つとして、、、、、

とりあえずは享受することで我慢しようと、いうことで
DOVESのライブ行ったり、管アンサンブルの演奏を聴きに行ったりしてみた。

DOVESは8年前にイギリスのラジオで初めて聴いて心惹かれてから、
お気に入りなのにずっと見る機会がなくて、今回が初ライブだったんだけど、
口数も少なく、黙々と演奏する職人みたいなバンドだった。

曲自体はもちろんよかったけど、
先月見たELBOWの方がハッピーオーラ全開で楽しかったなー。

でもこんな地味な人たちがこつこつといいアルバムを作り続けてメインストリームにちゃんと残れるのが
イギリスのロックシーンの素敵なところなのね。
音楽だってビジネスだから、やっぱりファンが支えてるところが大きいんだと思う。


アンサンブルは木管五重奏だったんだけど、個人的に弦の音が好みなんでどうかな~と思ったけど
選曲がモダンで変わっててけっこう面白かった。
ところで英語だと弦はStringsで吹奏楽は Wind Orchestra になるんだけど、
Windってなんだか風がブーっと出てる感じで管にぴったりだな~と思った。





スポンサーサイト

« American = Assholes|Top|2009年4月20日 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://juriy.blog33.fc2.com/tb.php/45-28328456

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。