across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

博士の行方



ハッピーバレンタイ~ン


もう若くもないし、一緒に過ごす誰かがいるってだけで十分だよね~ということで(ビンボー人の言い訳)
ハニーパイにはプレゼントいらないから体で払ってと、
近くのガーデンセンターへ引きずって行き、コンポストとバークチップ計350Lを運んでもらってきた。

イギリスのバレンタインは基本男性が高めのプレゼントをするもんなんで。
高級チョコとかは日本と同じくこの時期お店に並んでるけど、男性から女性に贈る用。
もちろんあほらしい義理チョコとかないし。


ところで本題。

何かの拍子で見つけた「はくしが100人いるむら」
「世界がもし100人の村だったら」のぱくりだけど、自分ごとだから結構おもしろい。

私は不真面目だから、鬱になって消えたりはしないけど。


まあまずは博士にならないとなんで。

博士課程も2年目に入り、外部の研究計画書のレビューとか、別の壁面緑化の研究指導を頼まれたり、
私もまだひよっこなのに、いいんすかね、、、、
今月奨学金と来月大学の研究報告書の提出せまってるし、
来週は最初の屋上緑化実験データも回収しに行って、膨大なデータを解析してー、、、、、、

さらに英語を教えるバイトも始めたからなんだか大忙し!

でも会社勤めに比べたらぜんぜん楽ちん。
かなり寄り道してここまで来たけど、それなりに経験値は上げていたから、
まだこれくらいのストレスなら対応可能だわ。

これからも適当にちゃんとやる、くらいでがんばりまーす。
o015001301294252978877.gif



まめに更新するんでよろしく
  ↓↓↓
スポンサーサイト

« ピーナッツ泥棒!|Top|久々食べ物ネタ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://juriy.blog33.fc2.com/tb.php/69-6f145f15

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。