across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスで運転 2



欧米ならではの交通規則といえば、
ラウンドアバウト。

走っていてこんなサインが出てきたら、
その先にくるくるコーナーがある標し。

680px-UK_traffic_sign_510.png


このお陰でイギリスは信号機付き交差点が日本と比べて格段に少なく、車の流れはスムーズだけど、
至る所で遭遇するから、ルールが分からないと運転できません。
ルールはいたって簡単で、時計回り、右から来る車優先。


試しに4方向3車線のラウンドアバウトを見てみましょー。
220px-UK_Roundabout_8_Cars.gif

進行方向向かって左から、左折、直進、右折レーンなのは日本と一緒。
実際はラウンドアバウト内もこの場合は3レーンに分かれてて、
右折は一番内側、直進は真ん中、左折は外側のレーンを進みます。

でもねーーーーー!
進みたい方向の道路に出ていくには、
内側レーンにいたらラウンドアバウト内で車線変更/またぎをしなきゃいけないわけで、
その間にも他のレーンはみんなそれぞれ行きたい方向に車を進めていて、
さらにアホな車が無理やりなタイミングで入ってきたりする中、
最初はどの車にも当らずにくるくるを抜けるなんて不可能なように思えたよ。

さらに4方向とは限らず、3だったり5だったり、
ひとつ抜けたらすぐさま次のに繋がってたり、方向音痴の私は回ってる間に大混乱!

あとは交差点と一緒で、入ってくレーンは左折と直進がくっついてたりするから、
正しいとこに入っておかないと後ろの車にブーーーーってやられたりする。


最近はだいぶ慣れたけど、
初めの頃はうまく出られなくてもう一周哀しくくるくるしたり、
出口を間違えて高速に乗っちゃって 
な思いをしたりしたね~




 
スポンサーサイト

« 今日のママ|Top|Mum Blackbird »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://juriy.blog33.fc2.com/tb.php/74-67d3cd72

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。