across the universe

英国ヨークシャーから季節のお便り

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご臨終



チーン

今朝起きたら、庭にハトの羽が散らばってました。

ハト自体は見当たらないから、襲ったものが持ってったんだろうね。
まぁ、飛べなかったら生き残れないから、早く逝ってよかったね。

目撃してないから、何を信じるのも勝手なんで、
鷹がお持ち帰りして雛に与えたと思おう~。


今日はキツツキが雛を連れてピーナッツフィーダーにやって来ました。
お父さんが忙しく雛にエサをやる様子はいじょーにほほえましい

ママは、子育て第二段(ブラックバードは、ひと春に3回くらい卵を産む)で、
2匹の雛がいるらしく、最近また勝手口の前をうろつきながらエサをねだってきます。
そのうちふわふわの雛をお披露目にくるかもねー!

というわけで、去る者もいれば、新しい命も続々生まれていて
飽きることないガーデンウォッチング。


夜の間に臨終したのは、Collared Doveという鳥。
アジアじゃなくて、ユーラシア大陸からやってきたハトだった、、、、。

CollaredDove.jpg
首輪をしてるように見えるので、Collared。

日本ではシラコバトと呼ばれ、埼玉の県鳥で、越ヶ谷のシラコバトは天然記念物になってるんだって。

へー。

またハトに生まれ変わるなら日本に来るといいよ。
守ってもらえるから。



スポンサーサイト

« 雨上がりの庭|Top|ジレンマ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://juriy.blog33.fc2.com/tb.php/98-1cc7d727

Top

HOME

Jaro

Author:Jaro
「お世話になった設計事務所を辞め、家族と友人に後ろ髪を引かれつつ勉強+骨を埋めに英国へ行って参りま~ス」してから早7年。
相変わらず行き当たりばったり、流れに任せて生きる。
今年こそドクターになるぞー、、、

片割れ: ハニー
継子1: 太郎 (20)
継子2: 花子 (18)
継子3: 芳江 (14)
継犬:ブリンダス・エバンス(享年13才)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。